キングダム【最新話】ネタバレまとめ

ネタバレまとめ

こちらでは漫画「キングダム」のネタバレ一覧をまとめています。

キングダムは毎週木曜日発売の週刊ヤングジャンプに掲載されますので、発売後に「キングダム」の最新話ネタバレを更新しています。

キングダム【最新話】ネタバレ

U-NEXTで「キングダム」連載中の週刊ヤングジャンプが無料で読めちゃいます!

▼キングダムの最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊ヤングジャンプを無料で読む!

▼読みたい話数をクリック!
キングダムの各話ネタバレ
672話673話674話675話
676話677話678話

キングダムのネタバレ一覧

678話のネタバレ

桓騎の伝令に呼ばれた李信は行軍しながら状況を尋ねた。

伝令の馬印によると右翼に雷土、中央に黒桜、リン玉、左翼に玉鳳らしい。

左翼は寄せ集めの集団で、中央から山二つ離れている。
キングダム【678話】のネタバレ

677話のネタバレ

血みどろの戦いに身を置く玉鳳隊。

少しの油断が命取りになる。

王賁が狙われそうになり番陽が叫び声をあげる。
キングダム【677話】のネタバレ

676話のネタバレ

桓騎軍が攻めてきていることを知った趙国の民衆たちは平陽城に向かって逃避していた。

桓騎の悪評は趙でも有名だからだ。

趙では民衆まで李牧の不在が広まっており不安感が漂っている。
キングダム【676話】のネタバレ

675話のネタバレ

影丘前線に到着した王賁が死屍累々の状況を眺めている。

関常は「そもそも影丘を攻略しようとしている戦略が間違っている」と文句をつける。

同じく番陽も「桓騎に伝令を送り戦略の見直しを願うべきだ」と提案する。
キングダム【675話】のネタバレ

674話のネタバレ

羌瘣と同じ天幕に寝ていた羌礼は、朝になって目を覚ました。

隣で寝ていたはずの羌瘣が一睡も出来ていないような目つきで先に起きていた。

羌礼は「嫌な夢を見た」と羌瘣に話し始める。
キングダム【674話】のネタバレ

673話のネタバレ

嬴政が六大将軍を復活させようとしていることはすぐに列国にも伝わっていた。

魏国、王都大梁では景湣王、軍師玻瑠、宰相月華広が頭を悩ませていた。

つい最近同盟を結んだとはいえ、2年半後は宿敵に戻る可能性が高いのである。
キングダム【673話】のネタバレ

672話のネタバレ

騒然たる面々が嬴政に名を呼ばれ、ついに六人目が告げられる。

息を飲む文官たち。

皆、嬴政を見つめている。
キングダム【672話】のネタバレ

キングダムなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、キングダムのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【キングダム】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらます!

合わせて他にも下記のVODサービスを活用すれば、コミックス3〜4冊を無料で読むことができます。

サービス名無料ポイント読める冊数
U-NEXT600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める
FOD900pt (※)
(900円分)
1〜2冊分が無料で読める
music.jp600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める

※FODは登録時100ポイント&8日、18日、28日に400ポイントずつ貰える

キングダムのあらすじ

紀元前……245年。

世界は未だに混沌に満ち、500年を経ても終わらぬ春秋戦国時代を迎えていた中華大陸。

神々の治世の時代を終え、人々の時代となった世界は、覇権を巡る乱世へと陥り、秩序なき終わりなき動乱の時代へと向かう。

そんな中、大望を抱く少年・信は、いつか友である漂と共に、世に名を響かせる大将軍となる事を夢見て、剣術の稽古に明け暮れていました。

しかし数奇な運命によって友・漂は王族の身代わりとなり命を落とし、夢を託された信は、一人の少年と出会います。

漂と同じ容姿を持つ少年。

その名は嬴政。

第三十一代目秦国王であり、後の始皇帝となる秦王政だったのです。

そして信は、後に秦国随一の猛将としてうたわれる事となる李信となる運命を歩む事となります。

邂逅を果たし、彼と共に中華大陸平定を目指し、動乱の時代を駆け抜けていく信の波乱の物語は、こうして始まったのです。

キングダムの見どころ

鬼才の漫画家・原泰久が描き、語り尽くす、紀元前の中華大陸動乱の戦国時代を駆け抜いた、勇猛果敢な英傑猛将達の熱い生き様を描いた、スペクタクル長編作品「キングダム」

第17回手塚治虫文化賞のマンガ大賞受賞作品である本作は、始皇帝となる嬴政と、彼の忠実なる武将・李信の二人を主軸に描かれていく物語となっています。

今までどの作品でも深く描かれることの無かった春秋戦国時代の中華を舞台に、少年漫画の熱さと迫力で描かれる内容で進んでいきます。

大河ドラマを漫画にした、大作映画を漫画にしたと、この作品を見る上で語りたいことは、迫力が余す事無くに描かれています。

大戦の戦場を駆け抜けていく猛将と英傑のドラマは、途中で読み止める事の出来ない魅力に包まれ、一つの作品を読み終えた後は、爽快な気持ちと冷め上がらぬ興奮に沸かされる満足感が感じられます。