【この音とまれ!:100話】最新話ネタバレ!百谷がついに事実を知る

2021年3月4日にジャンプSQ.に掲載された「この音とまれ!」(アミュー)の最新話【100話】のネタバレと感想をまとめました。

愛はテスト準備までに、ソロを完璧にしたかったができませんでした。

哲生のもとに我孫子から電話がかかってきて、テレビを見たと言われます。

そして我孫子は哲生に、百谷が宇月の弟だと明かしました。

【この音とまれ!】全話ネタバレ

▼この音とまれ!の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTでジャンプSQ.を無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

【この音とまれ!:100話】最新話ネタバレ

意外な反響

ライブハウスの外で、百谷は宇月を見送る。

宇月は久しぶりに会えて嬉しかったと言う。

「さっきの件よろしく」と言い、宇月は帰って行った。

教室で、倉田と妃呂は勉強をしている。

倉田の説明はわかりやすく、妃呂はありがとうと言う。

部活でも一緒なのに、今度は一緒に勉強と絡む深優。

深優に付き合っているのと聞かれ、2人は付き合っていないと否定する。

テストが終われば、すぐに全国大会が控えている。

「実際1位はとれそうなの?」と深優は聞く。

深優は、この間放送されたテレビを見ていた。

廃部寸前から奇跡の全国出場などと煽られていて、深優は期待しちゃうと言う。

SNSでもバズっていて、水原たち3人は#反目三兄弟で拡散されていたのだ。

おかえり

足立・堺・水原の3人は、スターになれず泣いていた。

こうなったら1位をとって見返そうと、3人はやる気を出す。

部室の前に立っている由永を見つけ、足立は鍵が開いてなかったのかと声をかける。

そう言うことじゃない、さっきの答えで合ってると言い合う声が聞こえてきた。

愛とさとわは歩きながら、勉強をしていた。

入らないのと愛に聞かれ、由永はドアにこれが貼ってあったと指差す。

”おかえり”と書かれたメモが貼られていた。

愛の頭に宇月が浮かび、顔が青ざめてしまう。

皆はおかえりの意味がわからず、気持ち悪がっていた。

楽器を心配した愛は、部室のドアを勢いよく開ける。

琴が無事だと分かっても、愛の心臓はうるさいままだ。

どうしたのかと足立に聞かれ、愛はなんでもないとごまかす。

愛の表情は険しいままだった。

様子がおかしい愛

部活終わり哲生の家でいつものように集まって、テスト勉強をする愛たち。

哲生は愛を叩き、寝ているのかとと言う。

まじめに勉強していたと言い返す愛。

集中力が切れた愛は、トイレへと行った。

部屋から愛がいなくなると、哲生は部活で何かあったのと聞く。

水原は張り紙を見てから、愛の様子が変だと言う。

それを聞いた哲生の表情が変わり、足立は心当たりがあるのかと聞いた。

哲生はごまかし、勉強に集中するようにと話を切り替えた。

手を洗いながら、愛は大丈夫だと自分に言い聞かせていた。

きっと愛の思い過ごしだ。

宇月とは1年以上あっていないし、張り紙の文字も偶然のはず。

もし偶然じゃなかったらと考えてしまう愛。

百谷と愛の関係性

翌朝百谷が登校してくるのを、哲生は下駄箱で待っていた。

百谷が来ると、本当に宇月の弟なのかと聞く哲生。

何も答えない百谷だったが、その表情から哲生は分かったと言い話をすることにした。

誰に聞いたのかと百谷に言われ、哲生は我孫子だと答える。

百谷と我孫子は一度だけ会ったことがあった。

用件は何なのか、兄弟か確認したいだけじゃないですよねと言う百谷。

「張り紙をやったのはお前なのか?」と哲生は聞く。

愛と宇月の関係を知った上で、百谷は箏曲部に入っているはず。

哲生はどういうつもりで、入部した目的は何だと聞いた。

百谷は話がよく見えない。

兄の友人がいる部に入ったらいけないのか、そう百谷は聞き返す。

複雑な兄弟

「事件のこと知らないのか、本当のこと」と哲生が言う。

愛がやったことになっているけど、実は嵌められたやつですかと百谷は話す。

哲生が宇月がそう言ったのかと聞くと、百谷ははいと答えた。

百谷が聞いているのは、それだけだった。

哲生はどうすれば良いのか考えるが、百谷もすごい酷だと思った。

百谷は大丈夫、そう愛は言っていた。

それを思い出した哲生は、百谷に嵌めたのは宇月だと打ち明けた。

宇月は実行犯ではなかったが、金で人を雇ってやらせていた。

どこからの情報なのかと百谷が聞くと、哲生は本人だと答える。

宇月は兄で、無理に信じろとは言わないと伝える哲生。

百谷は宇月のことをそんなに知っているわけではなく、正直分からないと言う。

腹違いの兄弟で、2人は一緒に暗hしたことはない。

たまに連絡は取るけど、親は2人が知り合っていることを知らない。

百谷の母親が愛人で、父親を調べているときに宇月と知り合っていた。

百谷の告白

哲生の話が本当なら犯罪で、百谷は笑えないと言う。

大丈夫かと哲生が聞くと、平気だと答える百谷。

「身内は嘘つきばかりで慣れている」と百谷は言った。

哲生は、そんなことに慣れるなと言う。

百谷は、愛はまだ兄弟だと知らないのかと聞く。

哲生は言うつもりはなく、わざわざ話すことでもないと話す。

「今度は俺を使って、何かするかもしれないと思ったんですね?」と聞く百谷。

悪かったと哲生が謝ると、百谷はあながち間違いではないと言う。

「昨日久遠先輩のことで会いにきました」と百谷は明かした。

愛が守りたいもの

練習する愛に、倉田は何かあったのと声をかける。

さとわも、昨日から演奏が乱れすぎだと言う。

テスト勉強でイラついてと答える愛に、倉田は本当にと聞く。

もしあれが偶然じゃなかったら…

そう思った愛は、悪いと謝った。

この場所だけは何があっても守る、そう愛は思っていた。

宇月は弟を犠牲にしてまで、愛を引きずり落とそうとしている。

哲生は、そんなことはさせないと誓った。

宇月のお願い

百谷は宇月と久しぶりに会い、テレビを見たと言われた。

「名都がお琴は意外だったけど、まさかチカと同じ部とは」と言う宇月。

入部動機が愛だと言う百谷。

宇月は、俺と一緒にいたからかと聞く。

百谷はそれもあるが、演奏を見て別人のように変わっていたからと答えた。

中学時代の愛は、いつも傷だらけで目が死んでいた。

そんな愛を何が変えたのか、百谷は純粋に気になったのだ。

「入部して理由は分かった?」と聞く宇月。

百谷は何となくと答える。

そっちは最近どうなのと百谷が聞くと、宇月は全然だと答える。

何も楽しいことはないと言う宇月。

そして宇月は、百谷にお願いを聞いてほしいと言った。

実は前に愛とケンカをして、それから会えていない。

もう無理かと思ったところで、百谷と愛の繋がりが分かった。

「運命みたいなの感じたからさ、仲直りを手伝って?」と宇月は言ったのだ。

愛がいるべき場所

明陵高校の校門、我孫子は宇月を出待ちしていた。

我孫子が声をかけると、宇月は学校には来るなと言っただろと言う。

「根暗が不良に絡まれているようにしか見えないから」と言う我孫子。

宇月が何のようかと聞く。

「昨日チカちゃんにラブレター届けてきた」と我孫子が話す。

宇月は、アナログだと言う。

我孫子は俺が傷つけて、俺が壊していると実感したいと言った。

「チカが本当にいるべき場所を、今度こそ分らせてあげないと」と宇月は言ったのだった。

この音とまれ!など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、この音とまれ!【100話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、この音とまれ!のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【この音とまれ!】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

張り紙は我孫子の仕業でした。

宇月がやったわけではありませんでしたが、関わっていることに変わりはありません。

全国大会前に、一波乱ありそうです。

兄のしたことを知って、百谷はかなり困惑していました。

哲生は愛のことを信じて、残酷な事実を百谷に打ち明けたと思います。

愛と百谷、そして宇月の三角関係はどうなっていくのでしょうか。

目が離せない展開なので、次回が待ち遠しいです。

まとめ

以上、「この音とまれ!」【100話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「この音とまれ!」【101話】ネタバレあらすじの掲載は4月2日の予定になります。

「この音とまれ!」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ この音とまれ!【最新話】ネタバレまとめ