この音とまれ!【95話】最新話ネタバレ!由永の音は個性

最新話ネタバレ

2020年9月4日にジャンプSQ.に掲載された「この音とまれ!」(アミュー)の最新話【95話】のネタバレと感想をまとめました。

由永はみんなと音を合わせるため、おじいちゃんの形見の爪を変えることを決断しました。

百谷は由永から送られてきたおすすめの曲を聴いていた時、個性的な声がアクセントになっているのに気づきます。

そして由永の音が浮かずに生きるように、百谷が爪と音を変えることになりました。

この音とまれ!【全話】ネタバレ

この音とまれ!【95話】最新話ネタバレ

遠くにいる百谷

由永は何が起こったのか、分からなかった。

百谷は入学してからずっと席が前後で、部活も一緒だ。

でも百谷はいつもすごく遠くにいるように感じていた。

爪を変えると告げられ、由永は手をつかんで「なんで」と尋ねる。

百谷は由永の音を生かした方が、面白いと思った体と答えた。

そもそも百谷が爪を変える必要はないのに…

「俺は前の爪になんの思い入れもない」と言う百谷。

百谷の背中を見つめる吉永の目には、涙が浮かんでいた。

個性

部室でも百谷が爪を変えることが話題になっていた。

愛はそれで解決できるのかと聞くと、「やってみないとわからないですけど」と百谷が答える。

「お前はほんとすごい」と愛は興奮して語り出す。

由永の音は、由永がどうにかするしかないと思い込んでいた。

でも周りが変わる方法があったんだと、愛は感動している。

感動している光太が、「由永のために」と言いかける。

余計なことは言わないでと、百谷は口を押さえた。

すでに部員全員が爪のことを知っていた。

「僕がうまく合わせられないから、迷惑かけてしまって」と申し訳なさそうな由永。

百谷に爪を変える負担まで…

すると百谷は「謝ることじゃない、個性だから堂々と弾けばいい」と言う。

部員たちは百谷の姿に感動する。

今までと同じ景色だけど違う音

由永は喉の奥が熱くなるのを感じた。

今すごく弾きたいと感じる。

「新しい音と合わせていいですか?」と由永は提案する。

みんなも盛り上がり、最初から通してみることになった。

百谷は由永を見てから弾き始める。

いつもと変わらない景色。

でも由永は自分の音が浮いている自覚がない。

ずっと浮いていた由永は、そうじゃない感覚がわからなかった。

堂々と弾けばいいという百谷の言葉を思い出す。

由永の音が与える影響

1ヶ月半前、晶先生は由永の音について滝浪先生に相談をしていた。

合唱の時にさとわとも話して、今のうちに爪を変えた方がいいのではないかと提案。

「由永はあのままで」と答える滝浪先生。

由永の音は面白いから、上手くハマれば音質の幅にもエッジにもなる。

でもハマる気配がないため、晶先生は相談していた。

このままでは由永だけ浮いてしまう…

「音にまだ顔のないやつがもう一人いる」と滝浪先生は言う。

藤浪先生はだから必要なのは由永の音を変えることではないと話した。

みんなの音に馴染み、由永の目には涙が浮かんでいた。

由永の音はそのままで、浮くのではなく生きるように…

先生たちも演奏を見守っていた。

由永の音は合わさる音次第でこんなに良くなるのか。

一気に全体の音に深みがました。

演奏している愛たちは、ドキドキしている。

このまま4パートのところもいけると、全員の思いが1つになったのだった。

感想

素直じゃない百谷ですが、そこが良いなと思いました。

百谷の思い切った行動によって、由永の音がハマるようになりました。

初めてみんなと同じ場所に立った由永。

いろんな感情が涙となっていて、読んでいて感動しました。

藤浪先生はこうなることに気付いていました。

部員たちを信じて、今まで見守っていたのかもしれません。

良い先生だなと思いました。

そして演奏は、今まで苦戦していたパートに差し掛かろうとしています。

由永の音が完成にへと導くのか、次回も楽しみです。

まとめ

以上、「この音とまれ!」【95話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「この音とまれ!」【96話】ネタバレあらすじの掲載は10月2日の予定になります。

「この音とまれ!」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ この音とまれ!【最新話】ネタバレまとめ