【黙示録の四騎士:17話】最新話ネタバレ!イロンシッドの儀式は止めなければならない

最新話ネタバレ

2021年5月26日に週刊少年マガジン26号に掲載された「黙示録の四騎士」(鈴木央)の最新話【17話】のネタバレと感想をまとめました。

イロンシッドはレリーフを発動させるために、街の住人を生贄にしようとしていました。

シンたちは欠片をイロンシッドの手下に奪われてしまい、何もできなくなってしまいます。

それでも諦められないパーシバルたちは、アンを仲間に迎え新たな目的へと歩き出しました。

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ

▼黙示録の四騎士の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

【黙示録の四騎士:17話】最新話ネタバレ

儀式を止めろ

イロンシッドが儀式を始めるまで、時間の猶予はないはず。

シンはパーシバルたちに、急いで儀式を止めるように言った。

儀式で起こりうる事態に備えるシン。

そしてパーシバルたちは、儀式を中断させることになった。

「本気であいつと戦おうとするな」とシンはパーシバルに忠告した。

ナシエンスは、心配したとパーシバルに言う。

パーシバルがつい動いちゃってと言うと、アンは助けは求めていないと話す。

小声でありがとうとつぶやいたアン。

パーシバルは、なぜイロンシッドが家にいるのと聞く。

イロンシッドとアンの父は、若い頃の知り合いのようだ。

アンは、街の住人を生贄にしようとしていることが許せない。

皆とパーシバルの関係をアンに聞かれ、パーシバルはバルギスの仇だと答えた。

動き出したイロンシッド

イロンシッドは呪文を唱え、住人を生贄に捧げようとしている。

地面から現れた亡者は、街中の至るところに染み込んでいく。

そして大きな不気味な化け物へと変身した。

黒い塊がついた家なども、不気味に動き出す。

住人たちは悲鳴を上げながら逃げ惑っている。

イロンシッドはダラクを呼び、亡者たちの指揮を任せた。

そして一人も逃さず生贄にするよう指示を出すイロンシッド。

住人たちの悲鳴は、パーシバルたちにも聞こえていた。

街中に現れた化け物を見て、シンが言っていたのはこういうことなのかと思う。

アンたちが焦る中、パーシバルは大丈夫と言う。

「シンがなんとかしてくれるから、僕らはイロンシッドを止めよう」と言うパーシバル。

アンは、シンが何か嘘か隠し事をしていると言う。

それでも信じるのとアンに聞かれ、パーシバルは信じると答えた。

ドニーもナシエンスも同じ意見だったので、アンも受け入れることにした。

イロンシッドと対峙するパーシバル

街に到着したパーシバルたちは、酷い様子に驚いてしまう。

何の用だとイロンシッドに言われ、パーシバルはすぐに儀式を止めるように言う。

なんだその言葉遣いはと怒ったイロンシッド。

アン・ナシエンス・ドニーはその空気に圧倒されてしまう。

なんとかしないといけないのに、アンは体が恐怖で動かせない。

イロンシッドは、アンたちを躊躇なく殺すだろう。

パーシバルは止めろと叫び、魔力で大きな手を作る。

そしてその手で、イロンシッドに攻撃する。

しかし、イロンシッドに簡単に防がれてしまうのだった。

黙示録の四騎士など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、黙示録の四騎士【17話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「黙示録の四騎士」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【黙示録の四騎士】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

こんなすぐにイロンシッドが儀式に取り掛かるとは、正直思いませんでした。

住人を生贄にすることをなんとも思っていないイロンシッド。

そんな彼なら、息子のパーシバルを殺してもなんとも思わないはず。

だからこそシンは戦わないように、パーシバルに忠告したのではないでしょうか。

シンに忠告されたのに、パーシバルは手を出してしまいました。

イロンシッドならやり返してくるはずです。

因縁の対決はどうなっていくのか、これからの展開が楽しみです。

まとめ

以上、「黙示録の四騎士」【17話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「黙示録の四騎士」【18話】ネタバレあらすじの掲載は6月2日の予定になります。

「黙示録の四騎士」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 黙示録の四騎士【最新話】ネタバレまとめ