【推しの子:46話】最新話ネタバレ!演劇の脚本と動き出すアクア

推しの子最新話ネタバレ

2021年6月10日に週刊ヤングジャンプ27号に掲載された「推しの子」(赤坂アカ×横槍メンゴ)の最新話【46話】のネタバレと感想をまとめました。

原作者であるアビ子の要求で脚本家のGOAが舞台「東京ブレイド」の脚本担当から降ろされてしまいます。

しかもプロデューサーの判断で、クレジットに名前は残したままという自身のプライドを傷つけられる形での降板でした。

魂込めて書いた脚本を、センスが無いと言ったような発言をアビ子にされてしまい、GOAは一人、部屋で頭を抱えながら「ちくしょう…」と呟きます。

【推しの子】全話ネタバレ

▼推しの子の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊ヤングジャンプを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

【推しの子:46話】最新話ネタバレ

白紙に戻る脚本

一旦脚本が白紙に戻り、新しい脚本が出来るまで稽古の休止を伝えられるキャスト達。

今回の舞台は『ステージアラウンド』だから稽古時間を多くとりたいと言うあかね。

それに対しアクアは、『ステージアラウンド』とは何か訊ねて驚くとあかね達。

「劇のステージなんてほとんど同じだ」と言うアクアに、あかねは「舞台そんなに好きじゃないでしょ」と疑う。

「気づかれたか」と肯定するアクア。

テンポの悪さ、セットの安っぽさ、劇特有の大げさな演技にいまいちノれないという理由で好んで観ないとアクアは言う。

大体想像通りの答えだとあかねはアクアの話を遮る。

それは長年言われ続けた演劇の課題であり、客足も遠のいて演劇は斜陽文化だったが、その考えはちょっと古い。

役者がその認識じゃ困るとあかねは話す。

ステージアラウンドで演劇を見たことが無いアクアにあかねはデートに誘う。

演劇は映像より上位の体験型コンテンツだという事を教えるために。

体験型コンテンツである舞台

あかねとアクアは二人で人気の舞台を観に行く事に。

シアターに入ると360度全面モニターに驚くアクア。

舞台が始まるとモニターが開き、劇が始まる。

見ている間、アクアは終始驚いたように「風?」「4DX?」など様々な感情に襲われる。

見終わった後あかねとアクアはカフェで感想を話し合う。

どうだったかと聞くあかねに「想像の50倍面白かった」と言うアクア。

幕がモニターになっていて映像演出を使用でき、客席が360度回転することで舞台そのものを幾つか用意し、場面転換をシームレスに行えるとアクアは言う。

演劇の抱える欠点を物理的に解決し、演劇として出来る事の幅が広がっていると続けるあかね。

演出が刺さっているから役者の演技にもノれ、ストーリーもかなり出来が良く、めっちゃ良かったとアクアは感想を述べる。

あかねが体験型コンテンツと言っていた意味が分かったというアクア。

それを聞いてとてもうれしそうにするあかね。

アクアに演劇楽しんで貰えないかと不安だったからだという。

これをきっかけに演劇の楽しみ方をわかってくれたら嬉しいと笑顔で話すあかね。

二人で話し込んでいると、後ろから舞台「東京ブレイド」のプロデューサーも務めている雷田が声をかける。

雷田の苦悩

どうしてここにいるのか尋ねられると、この舞台の担当であり、落ち込んだ時には出ていく客の顔を見るのだと言う雷田。

客の顔は素直で楽しんだ時は笑顔、イマイチだったときは澄まし顔で見てたらやる気に繋がるからと雷田は言う。

アクアは雷田に脚本は大丈夫かと聞くと、今日も出版社側とやりあったが、やはり原作者の先生が頑なにGOAの降板を主張し、先生直々に脚本を書き下ろすと言っているらしい。

しかしアクアは無理だと言う。

今回観た劇の脚本はステージの強みをフルに活かす工夫が組み込まれている。

だが、原作者は舞台も装置の事も知らず、高校の体育館でやる事を想定した脚本が上がってくるとアクアは予想する。

その辺はこっちがフォローすると言う雷田。

さらに今回アクア達が観た演劇の脚本はGOAが手掛けたものだと伝える。

GOAは優秀で演劇が心から好きで勉強熱心でリライトにも根気よく付き合ってくれ、彼が書いた舞台は客がニコニコでホールから出て行く。

本当に降ろしたくなんてなかったと雷田は寂しそうに言う。

どうにもなならないのかとあかねが聞くと、雷田は大手出版社をどうこう出来るほど強くないと騒ぐ。

でも、「どうにかできるのは雷田さんだけですよ」とアクアは言う。

帰り道、あかねは原作視点で見たらGOAの脚本に不満はあるが、全体的に見たら良い脚本だと思い従ってたとGOAの降板に寂しさをあらわにする。

それを聞いてアクアは、「問題は互いの主張の間に存在するディスコミュニケーションであり、それをクリアすればより良い舞台になる可能性もある」と言う。

良い舞台見せてもらったし「感動代にちょっと小突く位はしておく」とアクアはどこかに電話を掛ける。

推しの子など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、推しの子【46話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「推しの子」のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【推しの子】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

今回の「舞台東京ブレイド編」では演技と演出という二つの要素が練りこまれていて読み応えが半端ないですね!

アクアも演劇に感動していたり、さらに演技に興味を持ったのではないでしょうか。

そしてついにアクアが動き出しました!

果たして今回はどんな切り口から攻めるのか、そしてGOAさんの復帰は有るのか、これからの展開が楽しみです。

まとめ

以上、「推しの子」【46話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「推しの子」【47話】ネタバレあらすじの掲載は6月17日の予定になります。

「推しの子」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 推しの子【最新話】ネタバレまとめ