ランウェイで笑って【164話】最新話ネタバレ!新ブランドのパタンナーは長谷川心

最新話ネタバレ

2020年11月18日に週刊少年マガジン51号に掲載された「ランウェイで笑って」(猪ノ谷言葉)の最新話【164話】のネタバレと感想をまとめました。

パリコレのモデルを目指す藤戸千雪の夢を叶えるため、都村育人は、自身のブランドを立ち上げようとしています。

佐久間美依が参画してくれることになり、次にパタンナーの確保に向け、長谷川心に打診を試みましたが、同じサブラインの花丘真白が名乗りを上げたことで選抜をすることになります。

育人と一緒に働きたいという心と、パタンナーからデザイナーに転身した育人を見返すためパタンナーのプライドを賭けた花丘の闘いとなります。

なぜか育人を巻き込んだ3人のパターン勝負となり、作品を前にして美依と育人による判定が下されます。

ランウェイで笑って【全話】ネタバレ

▼ランウェイで笑っての最新話を読むなら週刊少年マガジンで先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む!

ランウェイで笑って【164話】最新話のネタバレ

心と花丘の個性を評価する美依と育人

育人は自身のブランドを早期に立ち上げるため、デザイナーのイメージを具体化する上で重要なパタンナーの確保を図る。

育人の意中の候補は心であったが、その話を聞きつけた花丘が名乗りを上げ、なぜか育人を巻き込んだパターン勝負をすることになる。

美依が用意したデザインに対して、心、花丘、育人の3人が作成した成果物が部屋に広げられていた。

育人が、心と花丘の作品を比べないといけないとつぶやいている傍らで、当然のように育人の作品も並べられているのを見て、美依は呆れながら、そそくさと片付ける。

美依は、仮縫いされた作品の肩や腰のライン、素材の指定や布の切り出し方、縫い方などをまとめた縫製指示書を順次見ていく。

仮布で作られたものと指定の生地で作られたものは質感が異なるので、フォルムが同じになるかといったポイントをチェックしていた。

一方、育人は2人の作った指示書から頭の中で作品を作り上げていた。

花丘がウールの素材を使って、うまく肩の部分を形通り作っているのに感心する。

心の場合、仮布なのでデザイン通りだが、実際には肩ずりすると指摘する。

美依が花丘の作品の肩の部分を確認すると、元のデザインと違うことに気付く。

育人は、花丘が「つまらんぞー」と言っていたことを思い出して伝える。

花丘の形を作る固い生地の扱い方のうまさに対し、心の綺麗さを出す柔らかい生地の扱い方がそれぞれの個性となっていた。

育人と美依が二人の作品を審査している最中、部屋へ柳田一が入ってくる。

没頭して気付かない育人は、美依が柳田に掛けた声で、やっと気付く。

今回のパタンナー対決で使ったデザインは実は、柳田が使わなかった案であったが、育人はもしかしたらとは思っていた。

柳田も交えて、心と花丘の作品の審査が続く。

選考結果発表を前に自ら退く花丘

一夜明け、パタンナー対決の会場となった芸華大に心、花丘、育人、美依がいた。

育人が、「結果を伝える」と言うと、花丘の脳裏には、初めて会った育人がアプロ社に入社以来の出来事が走馬灯のようによぎる。

心もまた、柳田の元で初めて育人に出会い、モデルからデザイナーへの転身を決意したことを思い返していた。

花丘が突然、育人の結果発表を遮り、「自分が育人を超えていたか」を答えるように要求する。

育人は、CAD操作や固い布の扱いなど花丘が最初から上手であったことを認める。

その返答に、花丘は「それならばブランドに入らない。楽しかった。さらば。」と告げ、世界一のパタンナーになるため、今のアプロ社で経験と実績を積むことを決意し、さっぱりとした表情で部屋を後にする。

デザイナー柳田も成長を認めた心

突然の花丘の退場で動揺する中、美依は心の勝ちを宣言する。

とまどう心に対し、美依は、元々、心に決まっていたことを伝える。

今回課題に出した作品は、安くて質感を良くするため新開発した素材を使うものであること、コストにも関わるパターン数などが問われるものであった。

柳田は、パターン数で花丘の18枚に対し、心は17枚と単純計算で5%のコストの差となる発想ができたことに、育人ともに柳田の元にいた心の成長ぶりを喜ぶ。

花丘に対しては、本来のデザインを変えていたことで論外の判定を下していた。

選考の説明を終え、改めて育人は心に、「チーム」への参加を懇願すると、心も快諾する。

柳田との区切りをつけた美依

花丘の突然の辞退も乗り越え、心というパタンナーの確保を終えて、美依と育人は帰路についていた。

独立に向け、育人たちの退社まで、「ノービス」ファッションウィークを残すばかりとなる。

育人が、審査の後、美依が柳田と何を話していたか尋ねると、柳田が預かっていた靴を返してくれたのだと答える。

ランウェイで笑ってなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ランウェイで笑って【164話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、ランウェイで笑ってのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ランウェイで笑って】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

U-NEXTなら「ランウェイで笑って」のアニメも全話無料でイッキ見できます。

感想

育人たちの立ち上げる新ブランドのパタンナー候補として突然参入宣言をし、育人を交えた対決後、選考結果発表を前に、また突然、辞退する花丘に振り回されます。

しかし、花丘は、最初から育人との対決が目的であり、心の熱意と実力を垣間見たこと、育人自身から能力を認められていたことで、納得するとともに、アプロ社で世界一のパタンナーになることを決意します。

柳田のコレクションの靴を作ることを夢にしていた美依でしたが、新たな始まりとなりそうです。

ブランド立ち上げに向け、退社まで「ノービス」ファッションウィークを残すばかりとなります。

有終の美を飾れるような展開を期待します。

まとめ

以上、ランウェイで笑って【164話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回のランウェイで笑って【165話】ネタバレあらすじの掲載は11月25日の予定になります。

「ランウェイで笑って」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ランウェイで笑って【最新話】ネタバレまとめ