ランウェイで笑って【166話】最新話ネタバレ!育人の思いを込めた新ブランド名はEGAO

最新話ネタバレ

2020年12月2日に週刊少年マガジン1号に掲載された「ランウェイで笑って」(猪ノ谷言葉)の最新話【166話】のネタバレと感想をまとめました。

都村育人は、パリコレにふさわしいデザイナーとして自身のブランドを立ち上げる準備を着々と進めます。

佐久間美依という心強いパートナーに続き、長谷川心と花丘真白がパタンナーとして加わります。

一旦は、辞退してアプロ社に残ることにした花丘を、育人は世界に通ずる作品のためには不可欠だと再勧誘します。

美依はデザイナーとしての最後の仕事をやり遂げ、新規ブランドでの新たな役割を担おうと決意します。

育人を慕う心、ライバルとして対抗心を燃やす花丘、新たな道に踏み出す美依と育人のチームが始動します。

ランウェイで笑って【全話】ネタバレ

▼ランウェイで笑っての最新話を読むなら週刊少年マガジンで先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む!

ランウェイで笑って【166話】最新話のネタバレ

真新しいオフィスに初めて集う育人たち

新ブランド立ち上げのためアプロ社を退社する育人の後任としてサブラインのチーフデザイナーに復帰した美依ではあったが、合同展示会での大成功とその後のパリコレへ育人と行ったことで運命が変わる。

合同展示会でも人気となり、パリでも知られるまで知名度を上げたバッグの開発や広報などの貢献を柳田も認めるまでになる。

プロになったら美依の靴を使ってやるという約束を柳田が果たしてくれたことで、美依はデザイナーとしての区切りをつける。

育人、美依、花丘の3人は4階建てのビルに向かって歩いていた。

階段を上り、美依が入り口のノブを回して部屋に入るとそこは、新ブランドの拠点となる服飾造りのための空間だった。

各部屋には照明、空調に加え、棚、机などの調度品が整えられており、これから創り出される作品たちを待っていた。

オフィスの開設を仕切っていた美依も、その出来栄えに思わず声を上げてしまう。

花丘も、「自分の机だ」と叫びながら、自分のエリアと思しき場所の机に飛びつく。

二人の反応をよそに、育人も自分の場所や机に感動するとともに、思わず、美依の前にひれ伏して感謝の意をささげる。

まんざらでもない美依は、「不動産に強いからね」と自慢する。

育人が、花丘にも美依に感謝するよう言うものの、花丘は無視して、自分の仕事のためのデザインを育人に要求する。

付け加えて、仕事に集中するため、美依と心も自分に近づけないように、育人を呼びつけて伝える。

そんなところへ、美依が今後の方針として、まずは東京ファッションウィークに出展することが目標となることを育人に確認する。

何も言わない育人に対して、資金や実績の面ですぐにパリは無理と念を押す。

ただ、早く知名度や実績を積むために、タイアップ、ポップアップショップ、インフルエンサー契約、人気ブランドとのコラボなどの取り組みも必要だと付け加える。

「藤戸千雪にインフルエンサーになってもらうとして、その他も見つける必要がある」と言うと育人が「できることがないか」と問い、デザインに専念するようにと返す。

面倒なことをすることが自分の役割だと力強く育人に告げる。

「いいものを作り、初コレクションを盛大にやって、有名になろう」と美依が言った時、入り口のチャイムが鳴る。

心が「遅れました」と言いながら入ってくると、美依は大学からの直行を労う。

大学生である心から、先生に仕事優先でいいと言われたことに、学業優先でいいよと気遣う。

パタンナーのやることを用意するために育人にデザインづくりをせかすと、育人はその前にブランド名を決めようと提案する。

新ブランド名は“EGAO”に決定

育人の提案を受けて、各自何個か候補を考えることになる。

花丘の掛け声で案を一斉に出すことになるが、花丘が出したのは自分の名前をローマ字にしたものであった。

美依に、育人の一番押したい案を問われると、千雪と新しいブランドの名前のことで交わしたときのことを思い浮かべながら一つの名前を示す。

育人の部屋で千雪とブランド名の候補を検討していた時、名前のローマ字読みやフランス語表記が却下される中、千雪に似合う服、妹のいち花が元気になる服、着た人が笑顔になる服、などが思い出され、ある名前を挙げていた。

その名前は、モデルがランウェイでタブーとされている所作「笑顔」にもなる「EGAO」である。

ローマ字表記や語感など美依や心は同感するが、花丘は興味なくデザインを要求する。

ブランド名が決まったことを千雪に知らせると、即座に「最高」という返信がある。

ミルネージュに波乱の予感

海外ファッション事業を手掛けるオーシープロダクションのニューヨーク事務所ではタレント事務所エミー社との業務提携について会議が行われていた。

エミー社の子会社であるミルネージュのことで業務提携が延期になったことについてであった。

事態を打開すべく、代表のオリヴィアが日本へ行くことを決断する。

業務提携延期後の動きを知らない中、ミルネージュでは千雪の父で社長の藤戸研二がスタッフと打ち合わせをしていた。

そこに社員が飛び込んでくるなり来客を告げる。

ミルネージュにオリヴィアの姿があった。

ランウェイで笑ってなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ランウェイで笑って【166話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、ランウェイで笑ってのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ランウェイで笑って】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

U-NEXTなら「ランウェイで笑って」のアニメも全話無料でイッキ見できます。

感想

不動産にも強いと自負する美依の活躍で育人たちの新たな拠点が開設しました。

デザイナーの育人、営業の美依、パタンナーの心と花丘がそれぞれの場所に感慨深く愛着を持っていくことが期待されます。

4人の初共同作業となったブランド名はみんなが共感、納得し、ふさわしい名前となりました。

これから新ブランドとして実績を積んでいく上で初コレクションとなる東京ファッションウィークに向けた取り組みが始まります。

一方、千雪の名前にも通じるミルネージュを継続することでエミー社を巻き込んだ業務提携延長に業界重鎮でもあるオリヴィアが直接乗り込んできました。

波乱の予感の中、「EGAO」が広がっていく展開を期待します。

まとめ

以上、ランウェイで笑って【166話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回のランウェイで笑って【167話】ネタバレあらすじの掲載は12月9日の予定になります。

「ランウェイで笑って」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ランウェイで笑って【最新話】ネタバレまとめ