【ランウェイで笑って:171話】最新話ネタバレ!笑顔で服作りを続けたい長谷川心

2021年1月20日に週刊少年マガジン8号に掲載された「ランウェイで笑って」(猪ノ谷言葉)の最新話【171話】のネタバレと感想をまとめました。

パリコレのモデルを目指す藤戸千雪の夢を叶えるため、都村育人は佐久間美依らと新ブランド「EGAO」を立ち上げます。

実績を積むため営業活動をする中、大物映画監督の北谷つとむが千雪を主役とする映画を企画していることを知ります。

美依や千雪らの働きにより、映画の衣装を任されることになりましたが、北谷の意に沿う高い質と大量の衣装を用意しなければなりません。

パタンナーとしてチームに参画している長谷川心は、以前デザイナーになる夢を抱いていました。

心の迷いを知った育人は、成長を期待して心にデザイナーとしての協力を求めます。

【ランウェイで笑って】全話ネタバレ

▼ランウェイで笑っての最新話を読むなら週刊少年マガジンで先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む!

【ランウェイで笑って:171話】最新話ネタバレ

新ブランドの方向性を自問する都村育人

大物映画監督の北谷の映画衣装を任されることになったものの、作品にふさわしい質と出演者の数だけの衣装を用意しなければならない。

育人としてはある程度の目途はつけているものの、デザイナーを目指すことに迷っている心に敢えて任せようと考える。

苦難を乗り越えるためには目標を持つことが大切であることを説きながら、心に既製服260着の制作を手伝ってくれないかと依頼する。

心は、突然のことに、一瞬、間をおくも、育人が忙しいなら手伝うと快諾する。

何をすればよいかと、メモを取り出して構える心に、育人は、デザインを何枚か描くように指示する。

しかし、アプロ社の時にはブランドの方向性を意識していたことを伝えながら、自分たちのブランドの方向性が確立されていないことに気付く。

とっさに思いついた「ブランド名が“EGAO”なだけに、“笑顔になるような服”を」と言ってしまう。

心は、思わずそれって何と固まってしまう。

育人は席に戻り、改めて納得感のあるブランドの方向性について考える。

私らしさを見つめなおす長谷川心

自分の席に戻った心は、260着から逆算して、色やマイナーチェンジなどのバリエーションを考慮したデザイン数は150から200くらいと算段する。

育人から問いかけられた「野望」に、デザイナーになりたい気持ちはあったが、自分だけが作りたいものは見つかっていないとも思う。

「私らしい」を考えながら、デザインをしていても、していなくても、この瞬間に幸せを感じていた。

着る人が笑顔になる服との育人らしい言葉を思い出して顔を赤らめながら、どんな人が「EGAO」を着るかを考える。

お客のイメージ、女性、年代、タイプなど考えようとしてもイメージがまったくわかない。

ひたすら考えていると、笑っている人のイメージに育人の笑顔が浮かぶ。

赤面させながら、そういうことでないと独り言で否定しながら、育人が喜んでくれる服がイメージされる。

身体の美しい部分を強調させる手法やサイズ、着心地を良くするための肩や腰を支えるパターンなどに気付く。

考えを整理できたことで、育人に見てもらうデザインを、幸せを感じながら完成する。

ブランドの方向性を共有した育人と心

心は育人のもとに出向き、作成したばかりのデザインを提出する。

育人の言った笑顔にする「着た人」はイメージできなかったが、美依、花丘、千雪、育人の笑顔をイメージして作成していた。

心は、育人から「すごくよいです」と認められると、育人の服が「着やすい作り方」や「着やすいけどいつもと違う」という着る人のことを考えていると伝える。

育人も、心のデザインを見て、悩んでいた考えがまとまりつつあった。

心が、「いつもの着心地」、「いつもよりオシャレ」と言うと、育人は、「すごくしっくりくる」と、顔を輝かせて賛同する。

心は、身近な人が喜んでくれる服を作るため、デザインもパターンも上手になって、笑顔で楽しく一生服作りに携わることが自分の目標だと気付く。

ランウェイで笑ってなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ランウェイで笑って【171話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、ランウェイで笑ってのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ランウェイで笑って】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

U-NEXTなら「ランウェイで笑って」のアニメも全話無料でイッキ見できます。

感想

心がデザイナーを目指すか悩んでいることを知った育人は、心に既製服とはいえデザインを任せようとします。

心へのデザイン依頼のことを聞いた美依は、「EGAO」のデビューとなる大事な仕事だし、スケジュールも問題ないと言うと、育人は万が一のことも考えているので、了解してくれるよう頼みます。

育人を年下にもかかわらず「せんぱい」と呼び慕う心は、育人の服作りのイメージを奇しくもまとめあげます。

心にデザインを考えさせたことで、育人もまた、自身のブランドの方向性を固めます。

みんなを幸せにする「笑顔」に通じる「EGAO」のイメージの共通認識ができました。

デザイナーとして心という強力な助っ人を得ますが、厳しい北谷監督の注文に応えられるのか展開が楽しみです。

まとめ

以上、ランウェイで笑って【171話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回のランウェイで笑って【172話】ネタバレあらすじの掲載は1月27日の予定になります。

「ランウェイで笑って」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ランウェイで笑って【最新話】ネタバレまとめ