【ランウェイで笑って:174話】最新話ネタバレ!ミルネージュの名前を変える説得を課される藤戸千雪

2021年2月10日に週刊少年マガジン11号に掲載された「ランウェイで笑って」(猪ノ谷言葉)の最新話【174話】のネタバレと感想をまとめました。

都村育人は同級生だった藤戸千雪のパリコレのモデルになるという夢を叶えるため、営業担当の佐久間美依、パタンナーの長谷川心と花丘真白とで新ブランドを立ち上げました。

ブランドの実績を積むため、大物映画監督の北谷つとむの映画衣装製作や東京ファッションウィークに向けた新作を作らなければなりません。

藤戸千雪は父親である藤戸研二のモデル事務所で活動していますが、経営難のため事務所存廃の危機に陥っています。

育人に事務所の存続はないと告げた綾野遠はシャルロットと共に千雪の住むマンションに向かいます。

【ランウェイで笑って】全話ネタバレ

▼ランウェイで笑っての最新話を読むなら週刊少年マガジンで先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

【ランウェイで笑って:174話】最新話ネタバレ

事務所の存続のため奔走する藤戸研二

娘の藤戸千雪の名前にちなんだモデル事務所「ミルネージュ」の存続を賭け、藤戸研二はアジア各国を飛び回っていた。

しかし、藤戸研二の奮闘にも関わらず、事務所は「BEYOND」となることが決まっていた。

朝、5時30分、時計が鳴り響く。

藤戸研二の朝は早く、夜は日をまたぐ。

通勤中に新聞やネットニュース、SNSなどをチェックし、会社に到着するなり、メール、プレゼン資料、会議、稟議書決裁などをこなし眠るのは翌日の4時過ぎとなる。

ある週では、所属女優の出演ドラマ撮影現場へのあいさつ、新人発掘オーディションの審査員、映画試写会参加、シンガポールへの出張、テレビ局とのゴルフ接待など一週間休む暇のない日々が続く。

事務所に戻った千雪が、事務所のマネージャでもある成岡雫に、父親の藤戸研二の不在理由を尋ねる。

成岡雫が、「今始まったわけではないし」と答えるも、千雪としてはあまりに会えないことに不信を抱いていた。

事務所存続のため奔走しているという事情を知っているものの、千雪に「なんか頑張っているのでしょう」と付け足す。

千雪は、成岡雫に「無理をしないように」との父親への伝言を頼み、事務所を後にする。

軽く言った成岡雫も藤戸研二のことは心配していた。

藤戸研二の忙しさの理由を知る藤戸千雪

藤戸研二がモデル事務所「ミルネージュ」の存続を賭けアジア各国を飛び回って実績をあげるも、事務所は「BEYOND」となることが決まっていた。

藤戸研二の実力を目の当たりにしたシャルロットは、パートナーの綾野遠を介して、育人に千雪との接触を頼むが断られる。

しかし、育人と雑談をしながら住所を特定した綾野遠は、シャルロットとともに直接訪問するという行動を起こす。

千雪の帰宅時間を見計らって、シャルロットをマンション前まで案内すると綾野遠は別の場所で待機する。

玄関前に立つシャルロットを見つけた千雪は、予想もしない人物に思わず声をあげる。

英語で寒いから部屋へ案内するようにせかされるも、英語が苦手な千雪は頭を掻きむしりながら、何の用件なのかを尋ねる。

押し問答を繰り返すも、シャルロットの気迫を感じ、自室の玄関まで案内する。

千雪はシャルロットが「千雪の父親が死ぬ」と言ったことの意味を尋ねる。

シャルロットは、自分のスマホを千雪に放り投げる。

両手で受け取ったスマホの画面には、シンガポール、韓国などでのテレビCMやモデル契約がびっしり詰まったスケジュールが記載されていた。

藤戸研二が娘の千雪のためではなく、スーパーモデルである自分だからこそ獲れた仕事だと告げる。

父親の仕事量に驚くとともに、何故シャルロットのためにと戸惑う。

藤戸千雪へBEYOND改名への説得を課すシャルロット

スマホを持ったまま頭を抱える千雪に対し、シャルロットは「BEYOND」への改名を説得するよう命令する。

ブランド名の由来が千雪であり、娘からの説得なら聞くであろうということ、受け入れれば、責任者も体制も変わらないという条件である。

「BEYOND JAPAN」としてシャルロットに尽くせるし、藤戸研二が潰れるのは惜しかったのである。

この仕事はシャルロットが“圧倒的”になるための仕事でもあり、「BEYOND」の更に上層のオリヴィアが藤戸研二に課したノルマでもあった。

「改名の説得ができなければ、藤戸研二が獲った仕事に行かないことにして、信用失墜で一生表舞台に立てないことになる」と告げて、玄関から出ていく。

シャルロットが帰った後、千雪はシャルロットに必要と言わせた父親の藤戸研二のすごさを実感するとともに多忙さの理由に納得する。

しかし、すぐに、新しい事務所になった時の自分の処遇に不安を抱き、詳細を聞き忘れたことを後悔する。

そして、父親、藤戸研二と千雪の熱い思いの詰まった「ミルネージュ」を改名する説得をする非情さに、千雪は大きく動揺する。

ランウェイで笑ってなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ランウェイで笑って【174話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、ランウェイで笑ってのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ランウェイで笑って】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

U-NEXTなら「ランウェイで笑って」のアニメも全話無料でイッキ見できます。

感想

藤戸親子の思いの詰まった「ミルネージュ」を存続させるため、休日どころか寝る間も削って藤戸研二は奮闘します。

「OC Publications」会長オリヴィアからのノルマでもあり、孫のシャルロットにも翻弄される親子です。

父親の多忙さの理由を知り、優秀さを改めて実感した千雪ではありますが、シャルロットが立ち去った玄関でうずくまる千雪の姿から、改名説得のたいへんさが伝わってきます。

今回のシャルロットの行動がオリヴィアの意に添うものなのか気になりますが、千雪はどう行動するのかとても楽しみです。

まとめ

以上、ランウェイで笑って【174話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回のランウェイで笑って【175話】ネタバレあらすじの掲載は2月17日の予定になります。

「ランウェイで笑って」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ランウェイで笑って【最新話】ネタバレまとめ