【ランウェイで笑って:183話】最新話ネタバレ!東京コレクションに繋いだEGAOチーム

2021年4月14日に週刊少年マガジン20号に掲載された「ランウェイで笑って」(猪ノ谷言葉)の最新話【183話】のネタバレと感想をまとめました。

藤戸千雪は幼少時代にモデル事務所を営む父・藤戸研二に連れられて見たパリコレに憧れてモデルを目指しています。

同級生だった藤戸千雪の夢を叶えるため、都村育人はかつての仕事仲間の佐久間美依、花丘真白、長谷川心らとファッションブランドを立ち上げます。

ブランドの確立を賭けた東京コレクションへの出展に向け、追加の会場を確保できる実績を上げなければなりません。

藤戸研二も育人たちのブランドを支援すべく、親会社のオリヴィアに対して、特集記事への掲載を画策します。

【ランウェイで笑って】全話ネタバレ

▼ランウェイで笑っての最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

【ランウェイで笑って:183話】最新話ネタバレ

藤戸研二から本気の服を要求される育人

藤戸研二は娘・千雪の名前にちなんだモデル事務所「ミルネージュ」を畳み、因縁のあるオリヴィアの子会社「BEYOND JAPAN」の社長となる。

千雪の夢を叶えるため、シャルロットのスケジュール管理を任されていることを利用して、敢えてダブルブッキングを引き起こす。

対応策として「オセロット」の特別記事に育人たちのブランド「EGAO」を提案する。

藤戸研二はニューヨークに立つ前、育人たちに一つの依頼をしていた。

EGAOオフィスで仕事をしていた育人に、藤戸研二から一本のメールが入る。

育人がデザインした服の要望であった。

育人は、「スキャンしたデータがないか」と佐久間美依に声を掛けるが、「不在」と花丘真白が返事をする。

花丘真白は、「それくらい把握しておけ」と言いながら、サンプルファイルを育人にメールする。

お礼を言う育人に対し、机の上の完成したデザイン画を持っていこうとする。

立ち去ろうとする花丘真白に対し、「待って」と言い、フォルムの凹凸、ヒダの部分、素材、装飾の色番号など細々と指示をする。

そんな育人を冷ややかに見ながら、花丘真白がついに切れる。

パターンが得意だからといって毎回、細かく、作り方などを指定されることに不満を抱いていた。

「育人のミシンではない。作り方を想像できないデザインを描いてみろ」と言い放つ。

育人から送られてきたサンプルを見た藤戸研二もまた、「もっと本気の服はないのか」と返信のメールが送られていた。

オリヴィアにプレゼンをする藤戸研二

藤戸研二の提案を受け、オリヴィアは「Aphro I dite」の合同展示会とその時目に留めたデザイナー、育人のことを思い出していた。

思い出してくれたことに一息つくが、次の返事を待つ心臓の鼓動は高まっていた。

オリヴィアの「いいわよ」との返答に思わず「え」と声を発する。

しかし、オリヴィアは、藤戸研二のプレゼンが良ければという条件をつける。

予め備えていたとはいえ、藤戸研二はとても緊張していた。

「オセロット」は、柳田一のコレクションを通じて、ファッション界の未来が性差、民族、文化、価値観を問わない“個”の時代となることを予見した。

欧米圏の雑誌に“アジア”との異文化交流として、シャルロットのアジア進出、「AYANO」のアジアデザイナーが載るという構想だった。

他の仕事のためシャルロットを載せられないからこそ、アジアの新人デザイナーとして柳田一と共にイキのいい“新人デザイナー”を特集の枠組みに、はめ込む目論見である。

藤戸研二が部屋の外に用意していた作品を持ち込むとオリヴィアは思わず目を見張った。

オリヴィアに代替案のプレゼンをしながら、心の内は今ではなく、マネキンでもなく、然るべく時期、場所、万全の千雪に着せて見せたかったと思っていた。

そして「ミルネージュ」の復活の想いも持っていた。

みんなで繋いだ東京コレクション開幕

EGAOオフィスで育人は「オセロット」へ掲載されるとの電話を受けていた。

隣で聞いていた佐久間美依も「すごい実績になる。雑誌の発売時期とSNSでいける。万全を期すためもう一策」と喜ぶとともに更なる策を練る。

長谷川心が育人に千雪の説得を申し出た時、花丘真白が、世界中に発信しようとする動画のことで飛び込んでくる。

長谷川心は千雪を説得し、花丘真白は育人のデザインを形にすることに邁進、佐久間美依は会場の確保、広報、営業に奔走する慌ただしい日々が過ぎる。

ついに、東京コレクションが開幕する。

これは「都村育人がトップデザイナーに至るまでの物語」である。

そして、「藤戸千雪がトップモデルに至るまでの物語」である。

ランウェイで笑ってなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ランウェイで笑って【183話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、ランウェイで笑ってのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ランウェイで笑って】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

U-NEXTなら「ランウェイで笑って」のアニメも全話無料でイッキ見できます。

感想

藤戸研二はアジア進出を進める有力ブランド「BEYOND」と有力雑誌「オセロット」のキーパーソン、オリヴィアに対して、練りに練った策で育人たちのブランド「EGAO」を売り込みます。

話の流れから、一癖も二癖もある花丘真白を満足させる育人のデザインが、オリヴィアを感動させたのだろうと思います。

先行する柳田一と共にアジアの新人デザイナーの枠に入ることができました。

有力雑誌掲載やSNS活用等で、業界関係者と一般の人向けの展示でブランドを広めることにこぎつけました。

育人は、パリコレに出展できるトップデザイナーにまた一歩近づきました。

まとめ

以上、ランウェイで笑って【183話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回のランウェイで笑って【184話】ネタバレあらすじの掲載は4月21日の予定になります。

「ランウェイで笑って」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ランウェイで笑って【最新話】ネタバレまとめ