双星の陰陽師【88話】最新話ネタバレ!婆娑羅と陰陽師の決戦が始まる

最新話ネタバレ

2020年12月4日にジャンプSQ.に掲載された「双星の陰陽師」(助野嘉昭)の最新話【88話】のネタバレと感想をまとめました。

6日間行方不明だった隅田小隊は入院しますが、何日も閉じ込められ抜け出すことを決めます。

ありすのもとに隊員の1人がやってきて、本当は記憶があると彼女は打ち明けます。

その後隊員たちは死んでしまい、禍野では婆娑羅が終わりを始めようとつぶやきました。

双星の陰陽師【全話】ネタバレ

▼双星の陰陽師の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTでジャンプSQ.を無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

双星の陰陽師【88話】最新話ネタバレ

起きてしまった惨劇

不安や疑念が膨らめば、穢れた人間の選択は限られる。

そのために隅田小隊を無傷で返し、禍野にいた記憶をさぐらせようとしていた。

甘露門の発動条件は、呪をかけられた4人のうち一人でも死ねば残りも発動する。

婆娑羅は「次はお前たちが狩られる番だ」と言った。

土御門島の至る所で、ケガレが発生していた。

ケガレに襲われる人々は、悲鳴を上げながら逃げ惑う。

泰月楼にある終玄の間では、ケガレの呪力量が測定される。

”蛇”から”真蛇”の強さに相当するケガレだった。

ケガレが出現したと思われる場所は、小田刈地区の北部や商店街。

さらに泰月楼のすぐ近くにも出現していた。

新はこれは何なのかと絶句してしまう。

「落ち着け、島全土に緊急事態警報を流せ」と指示を出す新。

ケガレの大群が出現して、すでに多数の犠牲者が出ている。

これは訓練ではないと警報が鳴り響く。

ケガレの発生地点が伝えられ、付近の住民は直ちに戦闘の準備が指示される。

仲間の死

麗月館にもケガレは出現していた。

仲間の死でうろたえる有主に、結香菜と和香菜はしっかりしてと声をかける。

ここも長くは持たないだろう。

結香菜は結界が破られたら、囮になってケガレに突撃すると話す。

有主はその隙に、和香菜と泰月楼に避難するように言う。

「当主のために身を捨てるのは本望」だと話す結香菜。

そして結香菜たちが動こうとした時、甘露門から高い呪力を持ったケガレが出現してしまう。

リスクS以上の婆娑羅だった。

土御門島に出現した婆娑羅は全部で11体。

有主は見たこともない婆娑羅に驚く。

婆娑羅は勉強不足なだけだろと言い、遊ぼうと結香菜に手を伸ばす。

結香菜は和香菜に、有主を連れて行くよう叫ぶ。

和香菜は姉の死を無駄にしないためにも、ここで死んではいけないと伝える。

こっちはやる気満々だと言う婆娑羅は、逃げる有主たちに攻撃した。

崩れ落ちる泰月楼

麗月館で大きな爆発が確認され、新はまだ誰も現着できないのかと驚く。

他の婆娑羅たちも、次々と人を襲っていた。

鈩も戦っていたが、襲われる一般人に気を取られてしまう。

その隙に鈩は婆娑羅につかまってしまい、攻撃をされてしまった。

複数のケガレが土御門島に出現して、ケガレが集中しているのは4カ所。

ケガレが現れてから3分経つのに、何もできていない状況だ。

十二天将や双星の陰陽師が戦場に到着すれば、体制を立て直すことができる。

新はこの終玄の間が要だと思った。

しかし泰月楼も、ケガレの攻撃を受けてしまう。

ろくろと紅緒は準備をして、皆に送り出される。

地下のシェルターに避難して結界を張れば、敵に呪力を感知されないと伝えるろくろ。

ろくろ邸を出た2人は、泰月楼が崩れ落ちるところを見てしまう。

梅初地区東部を移動する婆娑羅たち。

山門が派手にやったと話しながら、誰が双星と戦うか言い合う。

婆娑羅たちは同盟を組んでいて、ここで陰陽師を絶やすのが目的だった。

「俺はろくろと戦えるから組んだんだ」と言う神威。

婆娑羅の活動限界は半日。

ケガレの存亡をかけた”特攻”なのだった。

双星の陰陽師など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、双星の陰陽師【88話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「双星の陰陽師」連載中のジャンプSQ.が無料で読めちゃいます!

▼双星の陰陽師の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTでジャンプSQ.を無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

感想

これまで何度も死闘を繰り返してきた陰陽師と婆娑羅。

今回は桁違いの戦いになると思いました。

婆娑羅が戦えるのは半日ですが、その被害は計り知れないものになるはずです。

新たな婆娑羅が次々と現れ、どんな戦い方をするのかわかりません。

今回名前がわかったのは、鴻巣・山門・百道・千々石の4人でした。

神威は紅緒たちの味方だと思ったのですが、同盟を組んでしまいました。

どんな戦いになるのか、今後の展開から目が離せません。

まとめ

以上、「双星の陰陽師」【88話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「双星の陰陽師」【89話】ネタバレあらすじの掲載は1月4日の予定になります。

「双星の陰陽師」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 【双星の陰陽師】最新話のネタバレまとめ