双星の陰陽師【89話】最新話ネタバレ!島で暴れるケガレにろくろ達はどう立ち向かう

最新話ネタバレ

2021年1月4日にジャンプSQ.に掲載された「双星の陰陽師」(助野嘉昭)の最新話【89話】のネタバレと感想をまとめました。

土御門島の至る所でケガレが発生し、島全土に緊急事態警報が出されました。

泰月楼もケガレの攻撃を受けています。

婆娑羅たちは同盟を組んでいて、ここで陰陽師を絶やすのが目的でした。

双星の陰陽師【全話】ネタバレ

▼双星の陰陽師の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTでジャンプSQ.を無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

双星の陰陽師【89話】最新話ネタバレ

人々を襲うケガレたち

島に現れたケガレたちは、次々に人を襲っている。

陰陽師たちがケガレを倒しても、再生してしまう。

食った人間の分だけ、ケガレはさらに強くなっていた。

そして陰陽師たちも、次々にケガレに殺されてしまったいる。

どこに逃げればいいのか、恐怖のあまり人々は壊れ始めていた。

もっと楽しもうと暴れるケガレ。

陰陽師たちは、十二天将がきてくれるまで時間を稼ごうと立ち向かっていく。

このままではみんなの故郷がなくなってしまう。

陰陽師の影からケガレが出てきて、次々に襲われていく。

その様子を見ていた愛宕は、自分の影からは逃げられないと笑っていた。

現れた救世主

青陽院に生徒たちが全員逃げ込んだのを確認して、結界が張られる。

先生は全員に狩衣に着替えるように指示を出す。

しかし校舎中をケガレが囲んでいた。

校舎全体に雲林院が作った結界が張られているのに、婆娑羅が現れてしまう。

婆娑羅が結界を壊したことで、校舎の中にケガレが入ってしまった。

ケガレはどんどん生徒を襲う。

婆娑羅たちが暴れているところに、やっと十二天将がやってきた。

「これ以上の非道は許さない」と叫ぶ士門。

崩れる泰月楼に、ろくろは驚きを隠せない。

島全体に恐るべき数のケガレが出現。

婆娑羅と思われるケガレも10体以上だ。

誰かが統率しなければならないのに、現状を把握してくれる泰月楼が落とされてしまった。

ろくろの覚悟

ろくろは超広域索敵展開を使うが、島の人々の恐怖の声を聞いてしまう。

紅緒は無理はしないでと言う。

死ぬより無茶なことはないと言うろくろ。

そしてろくろは、島全体に裂空魔弾を放った。

次々にケガレだけに当たっていく。

山門はこれが双星かと驚く。

そしてどっちが化け物かわからないと言う。

陰陽師たちは量産タイプのケガレは再生するため、弱っているうちにトドメを刺すことにした。

ろくろはもう一度裂空魔弾で、確実に全部のケガレを仕留めようとする。

紅緒はろくろの体が壊れてしまうと、心配して止めようとする。

そこにお前の相手は俺だと、神威が現れたのだった。

双星の陰陽師など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、双星の陰陽師【89話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「双星の陰陽師」連載中のジャンプSQ.が無料で読めちゃいます!

▼双星の陰陽師の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTでジャンプSQ.を無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

感想

婆娑羅が率いるケガレは、再生したりとかなり厄介です。

人間を食べてさらに強くなるので、短時間で勝負を決めなければなりません。

時間をかけるほど、陰陽師たちにとって不利になってしまいます。

十二天将がどのように戦うのか注目です。

そしてろくろと紅緒のもとには、神威が現れました。

神威は戦う気です。

しかし紅緒は過去に助けてもらっているので、戦えるのか気になります。

ろくろは、裂空魔弾による疲れがあるはずです。

神威相手にろくろ一人で戦うのは、さすがに厳しいと思います。

紅緒が覚悟を決めて戦えるのか、次回は注目したいです。

まとめ

以上、「双星の陰陽師」【89話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「双星の陰陽師」【90話】ネタバレあらすじの掲載は2月4日の予定になります。

「双星の陰陽師」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 【双星の陰陽師】最新話のネタバレまとめ