【SPY×FAMILY(スパイファミリー):34話】最新話ネタバレ!フィオナの負けられない戦い

最新話ネタバレ

2020年10月5日に少年ジャンプ+で配信された「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」(遠藤達哉)の最新話【34話】のネタバレと感想をまとめました。

キャロルたちの姑息な妨害にも負けず、ロイドたちは優勝しました。

その絵画だけ渡せなくなったと言うキャンベル。

変装したロイドが本物と偽物を取り替えていて、無事に任務を完了することができました。

【SPY×FAMILY(スパイファミリー)】全話ネタバレ

【SPY×FAMILY(スパイファミリー):34話】最新話ネタバレ

複雑なフィオナの思い

任務を終えたロイドは、フィオナに家の近くまで送ってもらった。

家が近づき、車から降りようとするロイド。

フィオナは1秒でも長く一緒にいたいので、家の前まで送ると言う。

ロイドは「俺は妻帯者だ」と話す。

万が一近隣に住んでいる人に、若い女性との関係を勘繰られるのはよろしくない。

不定を理由に当局に密告された人もいるのだ。

フィオナは任務では役に立てただろうかと思う。

ロイドのために頑張ったフィオナ。

自分こそがパートナーにふさわしいはず。

そう思いながら、ロイドは公園の前で車を停めた。

フィオナは諦めない

車から降りたロイドは、ヨルの声に気づいた。

たまたまその公園でテニスをしていたヨルとアーニャ。

するとフィオナは車を降りて、ヨルに声をかけた。

ロイドは帰り道だから送ってもらったと説明する。

「テニスをするんですか?」とフィオナは尋ねる。

先日ロイドと練習してから、アーニャがテニスにハマったのだ。

自分がロイドのレベルを上げたと思っているのだろうか、そうフィオナは思ってしまう。

ヨルは傲慢な女で、フィオナだったらもっと効率的に力を伸ばせたのに…

「夫人はテニスも上手なんですね、ならば私とテニスをしませんか?」と言うフィオナ。

フィオナはヨルの心をへし折り、フォージャー家での居場所をなくすつもりだ。

そんなフィオナの心を読んだアーニャは、とても驚いてしまう。

なんだかわからないヨルだったが、受けて立つことにした。

ベッキーが女の戦いについて話していたのを思い出したアーニャ。

バトルものが好きなアーニャは、とてもワクワクしていた。

ヨルの全力はレベルが違う

「全力できなさい」と言うフィオナ。

ロイドが止めようとするが、フィオナにすっこんでいてと言われてしまう。

そしてヨルは、手を抜いては相手に失礼だと全力で戦うことにした。

ヨルは全力でサーブを打つが、空振りになってしまう。

しかし地面に落ちたボールは、粉々になっていた。

ヨルは力を込めすぎると、なぜかボールがガットに沿って裂けてしまうのだ。

球が飛ぶギリギリの加減で撃たなければならない。

今の現象はなんなのか、フィオナは理解できず混乱していた。

力を調整したヨルのサーブは、美しい直線でフィオナに向かってくる。

アウトだと分かっているが、ラケットを前に出さないと死ぬと思ったフィオナ。

フィオナはボールを打ち返そうとするが、全身に衝撃が伝わってくる。

フィオナとヨルの勝負の決着

前へ押し返せないほど重い打球だが、フィオナのロイドへの愛の重さも負けてはいない。

フィオナはロイドへの思いをラケットに乗せ、必死に打ち返そうとする。

しかしボールは、フィオナのラケットを貫いた。

完膚なきまでに負けたフィオナは、ショックで崩れ落ちる。

「今はあなたが上だと認める、いつかまたリベンジを」と言うフィオナ。

フィオナは泣きながら帰って行った。

「勝ちました」とヨルはロイドに報告する。

ロイドはなぜかとても疲れていた。

結果報告

管理官に呼び出されたロイドは、絵画入手の件の結果報告を聞かされる。

暗号から機密の保管場所を割り出して、エージェントを回収に向かわせた。

そして管理官は日記を渡す。

8月21日、危険なものを倉庫へ封印したと書かれている。

それは若い女優たちのブロマイドだった。

のめり込みすぎて、一度妻にボコボコにされていたザカリス。

ブロマイドも捨てろと言われたが、レアものを手放せなかった。

それから秘密で劇場通いをして、ブロマイドなど”火種”にになるものは地下倉庫に隠していた。

「なぜこれが機密文書に?」とロイドが聞く。

西の外交団がやってきたとき、ザカリスは観劇で接待。

その時関係者に口止めしたことに尾鰭がついたのだ。

「戦争の火種は何もない、それでいいじゃないか」と言う管理官。

日記には家族写真が挟まれていて、ザカリスが愛妻家なのがわかる。

ザカリスは墓まで秘密を持っていくことで、夫婦円満を守ったのだった。

感想

フィオナとヨルの戦いですが、今回はヨルの勝ちでした。

ヨルの能力の高さには驚かされます。

さらにフィオナの対抗心は強まったのではないでしょうか。

フィオナには諦めずに、ヨルにリベンジして欲しいです。

戦争の火種はなく、それでいいと管理官は言いました。

このセリフをさらっと言える管理官は、理想の上司だなと思います。

次はどんな依頼を受けるのか、とても楽しみです。

まとめ

以上、SPY×FAMILY(スパイファミリー)【34話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回のSPY×FAMILY(スパイファミリー)【35話】ネタバレあらすじの掲載は10月19日の予定になります。

「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ SPY×FAMILY(スパイファミリー)【最新話】ネタバレまとめ