【サマータイムレンダ:126話】最新話ネタバレ!慎平の覚悟と潮への思い

最新話ネタバレ

2020年9月28日に少年ジャンプ+で配信された「サマータイムレンダ」(田中靖規)の最新話【126話】のネタバレと感想をまとめました。

雁切の鎧は消えて海の中に落ちていき、背後からミオがとどめを刺しました。

なぜかシデが動いていて、もうゴミだとハイネを壁に押し付けます。

「望み通り故郷へ連れ帰ってやる」と、シデあっちで決着をつけようと言いました。

サマータイムレンダ【全話】ネタバレ

【サマータイムレンダ:126話】最新話ネタバレ

弱さ

慎平は根津の銃で、シデに発砲する。

シデのあとを追いかけ、慎平も穴の中に入っていく。

突然痛みに襲われ、慎平は体勢を崩してしまう。

そして潮や窓たちは、吹き飛ばされそうになってしまう。

窓の手を掴むミオ。

「引き込まれる」と潮は叫ぶ。

慎平は自分の弱さを痛感していた。

この先に人間はいけない。

もし入ったら出ることも、死ぬこともできない迷子になってしまうと言う潮。

竜之介の約束

「ここから先には私だけが行く」と潮は言う。

慎平はもう絶対に潮を1人にしないと叫ぶ。

頑固な慎平を説得するのを諦め、潮は竜之介にお願いする。

「慎平の体を動かして、ここから逃げて」と潮は言う。

竜之介はここで見捨てたら、あの世で姉にどつかれると話す。

必ず助けると姉と約束した竜之介。

竜之介は「かわりに果たすと決めた」と潮に伝える。

そして慎平は竜之介がサポートして、絶対に迷子にはさせないと約束した。

慎平の覚悟

慎平は潮の腕を掴んで、気配を追いかけると伝える。

「ずっと潮のそばにいる、俺は潮が好きだ」と慎平は話す。

好きな潮と一緒にいたいんだと言う慎平。

潮は慎平の腕を握り返して、アホとつぶやく。

ミオと一緒にいる窓に、「みんなを頼む」と伝えた慎平。

そして慎平は潮と一緒に、シデを追いかけて行った。

終わっていない

ヒルコの信号が乱れているのを感じたミオ。

地上の様子が気になってしまう。

影が暴走を始めていてもおかしくない。

窓は潮の髪の毛が、入り口から伸びているのに気づいた。

お姉ちゃんとつぶやきながら、ミオはその髪の毛を引っ張る。

髪の毛の先に丸い塊がついていた。

根津と別れた時、潮は自分の一部を残していたのだ。

潮は神でバリアを作っていて、その中から根津が現れた。

そしてギルと朱鷺子も窓たちに追いついた。

朱鷺子は慎平たちのことを聞いてくるが、窓は話は後だと言う。

ハイネたちは上からやってきて、天井の裂け目の中に地上へ出る抜け道がある。

朱鷺子は窓の言う裂け目を見つけた。

高い場所にあるが、ギルなら登れそうだ。

「急ごう、みんなを救うぞ」と窓は言った。

目を覚ました慎平は、潮を探す。

異形の世界に辿りついた慎平。

慎平はここがハイネの故郷だと思ったのだった。

感想

根津と朱鷺子が生きていて、本当に安心しました。

窓たち4人が集結したのは心強いです。

朱鷺子がケガをしているようで、少し心配です。

そして慎平の告白は素敵でした。

潮のアホと言う嬉しそうな表情が、とても印象的でした。

ついにハイネの故郷までやってきた慎平。

とても不気味な世界が広がっています。

慎平は右足を負傷していますが、どれほどダメージを受けているのか…

潮はどこにいて、すぐに合流できるのか気になります。

どんな世界なのか、次回は注目していきたいです。

まとめ

以上、サマータイムレンダ【126話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回のサマータイムレンダ【127話】ネタバレあらすじの掲載は10月5日の予定になります。

「サマータイムレンダ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ サマータイムレンダ【最新話】ネタバレまとめ