サマータイムレンダ【133話】最新話ネタバレ!容赦ないシデの攻撃に慎平はどう立ち向かうのか

最新話ネタバレ

2020年11月30日に少年ジャンプ+で配信された「サマータイムレンダ」(田中靖規)の最新話【133話】のネタバレと感想をまとめました。

潮は慎平に、シデの本体は現世にいると伝えました。

波稲は潮は重症だから、もう戦えないと言います。

それでも潮は”ハッキング弾”を作るための2分を稼いで欲しいと頼み、慎平たちは協力することにしました。

サマータイムレンダ【全話】ネタバレ

▼サマータイムレンダを読むならFODがお得!▼FDOで【サマータイムレンダ】を無料で読む!※初回登録時に900円分のポイントがもらえます!

サマータイムレンダ【133話】最新話ネタバレ

潮のために戦う慎平と竜之介

慎平と竜之介は、シデに弾を撃ち込んでいく。

弾がヒルコに当たり、苦しむ声が聞こえてくる。

繰り返し弾を撃ち込んでいく慎平たちだが、シデは構わずに突っ込んでくる。

それでも良い、そう慎平は思っていた。

シデにショットガンは取るに足らないと思わせておけば…

攻撃をしてくるシデ。

慎平は体を左右に揺らして、シデの攻撃をかわしていく。

しかしシデは慎平を無視して、波稲に手を伸ばす。

ショットガンでは止められず、竜之介は悔しそうな表情になる。

役に立ったコピー

慎平は潮に、武器チェンジだと伝えた。

潮は武器をハンマーへと変える。

そして慎平はハンマーを振り下ろして、シデの頭を叩き潰す。

大きな音が辺りに響いた。

潮はなんでもコピーしておくものだと思った。

ショットガンを、ひづるのスレッジハンマーに変えたのだ。

竜之介はこれでまだ戦えると、ハンマーを握る手に力が入る。

慎平たちは不利なのか

砂埃が晴れていき、その中からシデの姿が見えてきた。

「死ねば終わり」と言っているシデ。

ここにいる慎平は、予知もループもできない。

シデは素晴らしいと笑い、「君たちはもうズルくない」と話す。

魔王にも勝ち目がないといけないと言うシデ。

慎平は黙ったまま、シデを見つめていた。

そしてシデは「お前も何か出したら」と言い、肩にいるヒルコへ手を伸ばす。

シデに強く握られ、苦しそうな悲鳴を上げるヒルコ。

辛い悲鳴が聞こえてきて、潮は顔を上げる。

ヒルコが武器を出し、シデはやればできると満足そうだ。

ハッキング弾ができるまであと1分。

息が上がっている慎平は、ハンマーを構えたのだった。

サマータイムレンダなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、サマータイムレンダ【133話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、FODプレミアムの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、サマータイムレンダのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<FOD公式サイト>
FOD公式サイト【サマータイムレンダ】をFODで無料で読む!※初回登録時に900円分のポイントがもらえます!

感想

予知もループもできない状況で、シデと戦うのはかなり厳しいようです。

それでも諦めていない慎平と竜之介。

2人の頑張りが報われて欲しいです。

ひづるの形見であるスレッジハンマーが登場して、読んでいて嬉しくなりました。

そのハンマーを持っているのが竜之介で、最高でした。

今度こそ死んだら全てが終わりです。

恐怖心もあるのに、それでも戦い続ける2人。

本当に慎平たちはすごいなと思います。

あと1分が長すぎます。

ヒルコの出した武器とシデの腕の長さを考えると、ハンマーの慎平たちは不利なように見えます。

慎平たちにとって、とても長い1分になるはずです。

1分耐え切れるのか、次回が待ち遠しいです。

まとめ

以上、サマータイムレンダ【133話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回のサマータイムレンダ【134話】ネタバレあらすじの掲載は12月7日の予定になります。

「サマータイムレンダ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ サマータイムレンダ【最新話】ネタバレまとめ