サマータイムレンダ【135話】最新話ネタバレ!慎平が考えた命を賭けた作戦

最新話ネタバレ

2020年12月21日に少年ジャンプ+で配信された「サマータイムレンダ」(田中靖規)の最新話【135話】のネタバレと感想をまとめました。

竜之介たちは山彦を避けながらも、シデへの攻撃を緩めません。

慎平は影の体感時間の長さを知って、あまりの差に驚きます。

「影の感覚で戦うのに、年季が違う」とシデは言いました。

サマータイムレンダ【全話】ネタバレ

▼サマータイムレンダを読むならFODがお得!▼FDOで【サマータイムレンダ】を無料で読む!※初回登録時に900円分のポイントがもらえます!

サマータイムレンダ【135話】最新話ネタバレ

慎平が考えた作戦

慎平がハッキング弾を撃つと、潮に伝える。

5周目の終わり、潮は鎧をスキャンした時に言っていた。

鎧にデータがなく空っぽだと…

慎平が何を考えているのか、竜之介は分からない。

すると慎平は竜之介に、他人の体にとりつくのが得意だよねと確認する。

竜之介にシデの鎧にとりついてもらい、動きを止めて欲しい慎平。

ハッキング弾の完成までの数十秒間だけで十分だ。

中身が空っぽならば、問題なく竜之介がとりつけるはず。

竜之介ならできる

潮が待ってと止める。

竜之介が出てしまったら、人間の慎平は常夜では生きられない。

今慎平が生きていられるのは、竜之介が中から支えてくれているおかげなのだ。

そんなことは慎平も分かっている。

慎平はこのまま逃げ回っても、あと5秒も保たないと言う。

竜之介も、試す価値はあると思った。

しかしとりつくためには、鎧に直接触れなければならない。

死なずに近づけるか…

慎平は竜之介に、自信を持ってと伝える。

竜之介ならできると慎平は信じていた。

竜之介のモノマネ

シデはおかしいと思い始めていた。

何回もトドメの一撃を出しているのに、慎平たちに避けられていたシデ。

竜之介の予知を封じたのに、紙一重で急所を外されている。

やってみると、竜之介は慎平に伝えた。

ひづるはスマホに録音していた。

竜之介は見た動きを、そのまま物真似できる。

量子から鉄砲の打ち方を見せてもらうように、ひづるは残していたのだ。

そしてひづるは竜之介に、頼りにしていると伝えた。

竜之介に以前槍術を見ただけで、モノにされていたことを思い出したシデ。

シデの動きを真似できる竜之介なら、見切ることもできるのだ。

竜之介は全部見切ってやると言う思いで、シデの背後から襲いかかる。

シデの頭を掴めた竜之介は、行けると思った。

潮は入ったと思い、慎平もやったと言ったのだった。

サマータイムレンダなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、サマータイムレンダ【135話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、FODプレミアムの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、サマータイムレンダのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<FOD公式サイト>
FOD公式サイト【サマータイムレンダ】をFODで無料で読む!※初回登録時に900円分のポイントがもらえます!

感想

竜之介はシデの鎧に、無事とりつけたようです。

シデは苦しんでいるので、効果はあるのではないでしょうか。

今までの戦いを見ていると、どれだけ時間を稼げるか不安もあります。

竜之介のモノマネに賭けるしかありません。

ひづるも竜之介のモノマネを、頼りにしていました。

竜之介はもっと自信を持って良いと思います。

ハッキング弾が完成しなければ、慎平たちには死しかありません。

あと何秒なのか、とても気になってしまいます。

シデの中に竜之介が侵入したことで、慎平の体は大丈夫なのか心配です。

常夜で人間が生きられないため、慎平もギリギリの状況です。

この作戦は失敗が許されません。

次回はどこまでシデを苦しめられるのか、注目していきたいです。

まとめ

以上、サマータイムレンダ【135話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回のサマータイムレンダ【136話】ネタバレあらすじの掲載は12月28日の予定になります。

「サマータイムレンダ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ サマータイムレンダ【最新話】ネタバレまとめ