新テニスの王子様【316・317・318話】最新話のネタバレ!変わってしまったリョーガ

最新話ネタバレ

2020年11月4日にジャンプSQ.に掲載された「新テニスの王子様」(許斐剛)の最新話【316・317・318話】のネタバレと感想をまとめました。

幸村にファイナルセットで追いつ枯れますが、手塚はテニスの世界で生きていくと覚悟していました。

ファイナルセット終盤なのに、2人はすごい集中力で駆け引きをしています。

勝利を手にしたのは手塚で、未来を塗り替えると幸村は決意しました。

新テニスの王子様【全話】ネタバレ

▼新テニスの王子様の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTでジャンプSQ.を無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

新テニスの王子様【316・317・318話】最新話のネタバレ

懐かしい人物

「ちょっとオーストラリアに行ってくる」と言う南次郎。

成田国際空港まで見送りにきた菜々子は、リョーマたちによろしくと伝える。

そして南次郎にもう若くないんだから、無茶をしすぎないようにと菜々子は注意する。

南次郎はオーストラリア行きの飛行機に乗り込んだ。

ドイツVS日本の第4試合のダブルスは、30後に開始だとアナウンスが流れる。

2勝1敗で大手のドイツ。

絶対王者の座は揺るがないのか…

しかし日本も、このまま終わるチームではない。

幸村がベンチで荷物を片付けていると、大石が近づいてきた。

「つい手塚の応援をしてしまった」と大石は謝る。

仲間との絆はその程度なのかと聞く幸村。

リョーガの居場所

オリバーが慌ててリョーマのもとにやってくる。

「主将が君のお兄さんに」と伝えるオリバー。

リョーガがスペイン代表にいることを、日本チームは初めて知った。

平等院は、リョーガがようやく居場所を見つけたとつぶやく。

リョーガのテニスは危険すぎて、打球はチームを崩壊してしまう。

どういう意味かわからないリョーマに、自分の目で確かめろと平等院は言った。

失われたラルフの能力

リョーガがなぜスペインにいるのか…

スペインVSアメリカの試合を見に行くリョーマたち。

するとスペイン代表のユニフォームを着て、プレーをするリョーガがいた。

アメリカ主将・ラルフが劣勢だ。

ラルフの能力は、一度攻撃された弱点が次は得意コースになるというもの。

能力をもう使えなくなっていたラルフ。

「今のコースも好きになった」とリョーガが言う。

ラルフはリョーガに能力を喰われてしまっていたのだった。

リョーガの謎

リョーガはリョーマが合宿退去をさせられたことをきっかけに、日本代表合宿から姿を消した。

その理由はわからないが、リョーマを連れてもう一つの国籍があるアメリカへと渡った。

今年の春先まで、リョーマはアメリカに住んでいた。

リョーガがなぜ亜たちのリカを捨てて、スペイン代表になったのか…

アメリカ代表への恩義は無いのか。

リョーガにも色々あるのかもしれない。

平等院の後悔と期待

遠征中のマカオで、日本代表と出会いリョーマの存在を知ったリョーガ。

そして日本代表に帯同したいと言った。

リョーガは平等院たちの目の前で、当時No.4だった霧谷の能力を喰らった。

世界をとるために、あえて危険な男であるリョーマを連れて帰ってきたと話す鬼。

平等院は鬼たちに、何度も注意を呼びかけていた。

「自分のテニスを失いたく無いなら、リョーガとは試合をするなと」と平等院は答える。

しかしリョーガは、平等院の能力を喰らいにきたのだ。

もしあの時打ち返していたら、平等院は二度と”光る打球”を打てなくなっていただろう。

リョーガを日本に連れ帰ったことを後悔したリョーガ。

それと同時に、未知なる可能性を感じていた。

ありがとう

しかしリョーガは相手の能力を自然に奪ってしまい、奪われた人はなぜか能力を失ってしまう。

そんな男がチームにいたらどうなるのか…

リョーガはチームを破壊する引き金になるのだ。

試合はリョーガがスマッシュを決め、ゲームを奪った。

5-4になり、「このまま引き下がってくれ」と言うリョーガ。

ラルフはずっと考えていたと話し出す。

リョーガがアメリカを去った理由は、チームを破壊したくなかったからかもしれないと思ったから。

そしてラルフは、リョーガにありがとうと伝えたのだった。

リョーガとラルフの試合の決着

ラルフにありがとうと言われ、リョーガは笑い出す。

リョーガは、決着を付けないとダメだとつぶやく。

試合中にどんどん弱体化していくラルフのテニス。

リョーマはラルフとつぶやき、不安そうに試合を見ていた。

「今の君はアメリカ代表には相応しくない」とラルフに言われたリョーマ。

迷いのある選手は、チームの足を引っ張ってしまう。

リョーマのいるべき場所はと言い、自分の信じる道を進むようアドバイスしてくれた。

あんなやつに負けるなとリョーマが言おうとした時だった。

スペインが勝利を決めた。

約束と宣戦布告

飛行機の中で、南次郎はストラップを見つめていた。

まだ2人を戦わせるわけにはいかない、そう南次郎は思っていた。

リョーガがまだ子供だった頃、ずっと越前家にいて良いと伝えた南次郎。

2つだけ約束を守ってほしいとお願いしていた。

それはリョーマが一人前のテニスプレイヤーになるまで、真剣勝負をしてはいけないという約束だった。

準決勝が終わり、スペインが決勝進出を決める。

泣き崩れるアメリカ代表に、リョーガは心の中で別れを告げた。

「ずいぶん卑怯なテニスだから、あんたをぶっ倒すことにした」とリョーマが声をかける。

リョーガはテニスを失うぞと言い返したのだった。

新テニスの王子様など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、新テニスの王子様【316・317・318話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、新テニスの王子様のコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【新テニスの王子様】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

感想

リョーガの登場で、かなり楽しみな展開になってきました。

南次郎が到着する前に、リョーマは宣戦布告をしてしまいました。

なぜリョーガはアメリカを捨てたのかなど、疑問はいくつもあります。

少しずつ明らかになっていくはずですが、かなり気になってしまいます。

兄弟対決が実現したら、皆が注目する試合になります。

リョーマは能力を守り抜けるのでしょうか。

次回はどんなストーリーなのか、とても楽しみです。

まとめ

以上、「新テニスの王子様」【316話・317話・318話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「新テニスの王子様」【319話】ネタバレあらすじの掲載は12月4日の予定になります。

「新テニスの王子様」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 新テニスの王子様【最新話】ネタバレまとめ