東京卍リベンジャーズ【175話】最新話ネタバレ!暗躍していた稀咲鉄太が動く

最新話ネタバレ

2020年9月23日に週刊少年マガジン43号に掲載された「東京卍リベンジャーズ」(和久井健)の最新話【175話】のネタバレと感想をまとめました。

佐野万次郎と黒川イザナの一騎打ちは大勢が決しました。

敗北を認められない黒川イザナは、拳銃を持ち出して佐野万次郎に突きつけます。

一人になりたくない黒川イザナと黒川イザナを救いたい佐野万次郎。

利害が一致しているはずなのにすれ違う二人の結末はどうなるのでしょうか。

東京卍リベンジャーズ【全話】ネタバレ

東京卍リベンジャーズ【175話】最新話ネタバレ

敗北を認められない黒川イザナ

静まり返る天竺、東京卍會。

不良たちにもルールはある。

大将の一騎討ちはステゴロでするものである。

拳銃を突き付ける黒川イザナに花垣武道が「卑怯」だと罵る。

完全に正気を失っている黒川イザナ。

そんな黒川イザナを冷静に見つめる佐野万次郎。

黒川イザナは「死ねよ」と言い放つ。

佐野万次郎は「撃てよ」と煽る。

煽るのは危険だと心配する龍宮寺堅をよそに佐野万次郎はさらに黒川イザナを煽る。

拳銃の行方

突然、天竺幹部鶴蝶が黒川イザナが持っていた拳銃を弾き飛ばす。

弾かれた拳銃は稀咲鉄太の足元で止まった。

黒川イザナと天竺幹部の関係

佐野万次郎しか見えていなかった黒川イザナは、鶴蝶の接近に全く気付かなかった。

驚く黒川イザナ。

鶴蝶は辛そうな顔で拳銃を弾いた。

怒る黒川イザナに怯えながらも鶴蝶は停戦を進言する。

「自分たちの負けだと」鶴蝶は宣言する。

天竺幹部たちは忠誠心が高い鶴蝶が黒川イザナに逆らったことに驚く。

面白くなさそうな顔を見せる稀咲鉄太。

鶴蝶の過去

鶴蝶は子供のころ両親を交通事故で亡くした。

イジメられる日々を過ごし、砂山(両親の墓)を作っていた。

その日、死のうと決意していたのである。

そのようなときに黒川イザナが現れた。

両親のことを考えてウジウジしていた鶴蝶の胸ぐらをつかみ「死んだ奴は何もしてくれない」と言う。

黒川イザナは、自分と鶴蝶の関係は「王と下僕」と宣言し、鶴蝶に生きる目的を与えた。

死のうとしていた鶴蝶にとって、歪な関係であっても嬉しかったのである。

鶴蝶は黒川イザナに感謝している。

黒川イザナのためなら命を投げ出す覚悟もある。

しかし、敗北を認められず情けない黒川イザナを見るのは辛いのである。

本当に覚悟があるのは稀咲鉄太

イラつく黒川イザナは、天竺幹部たちに「鶴蝶を殺せ」と命令する。

天竺幹部たちは神妙な面持ちのまま動かない。

鶴蝶は「自分の方が幹部たちより強いため、制裁することはできない」と訴える。

鶴蝶の強さすら忘れてしまうほど、黒川イザナは頭に血が上っているのである。

鶴蝶は「天竺が負けた」と大きく叫ぶ。

黒川イザナは負けを認められない。

スっと右腕があがる。

ドン。

黒川イザナの顔に血飛沫が舞う。

倒れる鶴蝶。

返り血を浴びて呆然とする黒川イザナ。

撃ったのは稀咲鉄太である。

鶴蝶を心配する花垣武道。

稀咲鉄太は、鶴蝶のことを「邪魔」だと言い放つ。

感想

鶴蝶と黒川イザナの過去は、自分の母親がいなくなった後、強く生きている黒川イザナなりの優しさなのでしょうね。

この頃の黒川イザナの目は、光が宿っている気がします。

しかし、稀咲鉄太はなぜこの抗争に拳銃を持っているのでしょうか。

初めから誰かを殺すつもりだったのでしょうか。

佐野万次郎を狙わなかったということは、佐野万次郎を殺せば済むということではないようです。

稀咲鉄太の心情はこれから語られるのでしょうが、稀咲鉄太がいなければ、東京卍會絡みの死者は出なかったのでしょう。

少年法の範囲内で無茶をしているのか、逃げ切る自身があるのか、過去を変えることに意味があるのか、色々考えられそうですね。

そろそろ主人公花垣武道の活躍を見たくなってきましたが、もうしばらく傍観者でしょうかね。

まとめ

以上、「東京卍リベンジャーズ」【175話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「東京卍リベンジャーズ」【176話】ネタバレあらすじの掲載は9月30日の予定になります。

「東京卍リベンジャーズ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 東京卍リベンジャーズ【最新話】ネタバレまとめ