【東京卍リベンジャーズ:177話】最新話ネタバレ!黒川イザナが告白する衝撃の真実

最新話ネタバレ

2020年10月7日に週刊少年マガジン45号に掲載された「東京卍リベンジャーズ」(和久井健)の最新話【177話】のネタバレと感想をまとめました。

天竺と東京卍會の抗争は、稀咲鉄太の銃撃により新たな局面に入りました。

鶴蝶と黒川イザナが撃たれて瀕死の重傷を負います。

無意識に鶴蝶を庇った黒川イザナは悔いのない笑顔を見せます。

この抗争の行く末はどうなるのでしょうか。

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ

【東京卍リベンジャーズ:177話】最新話ネタバレ

動揺する構成員たち

3発の銃弾を浴びた黒川イザナはいつ死んでもおかしくない状態である。

天竺構成員たちが騒ぎ始める。

後ろの方にいる構成員たちは何が起こっているのか分からないのである。

ムーチョが大声で「救急車を呼べ」と叫ぶ。

黒川イザナが撃たれたことが伝わり始める。

構成員たちが意気消沈していく。

黒川イザナがいなければ天竺は終わりなのである。

黒川イザナの生い立ち

相変わらず中央では静寂に包まれている。

天竺幹部たちも唖然として言葉に詰まる。

黒川イザナは佐野万次郎が自分を救おうとしていたのか尋ねる。

「兄弟なのだから当然」と答える佐野万次郎。

佐野万次郎は、重症の黒川イザナを気遣って会話を打ち切ろうとする。

黒川イザナは淡々と話し続ける。

幼少時、黒川イザナは母親に捨てられた。

あるとき、パチンコの行列に並ぶ母親に出会った。

黒川イザナを無視してパチンコを始める母親。

黒川イザナは自分よりパチンコを優先する母親のことが理解できなかった。

疑問を投げかける黒川イザナに母親は悪態をつき「お前は自分の子供ではない」と言い放つ。

黒川イザナは前の旦那(佐野の父親とは別人)がフィリピンの女との間に作った子だったのである。

その前の旦那は、どうしようもない男で、チンピラに刺されて死んでいた。

価値観の違い

黒川イザナは佐野真一郎に殴りかかる。

避けずに殴られる佐野真一郎。

佐野真一郎と血の繋がりがないことを知ってしまった黒川イザナは、激高して佐野真一郎に問い詰める。

佐野真一郎は血の繋がりがないことを知っていた。

しかし、佐野真一郎にとって血の繋がりはどうでも良い問題だった。

黒川イザナは血の繋がりが一番大事な事だと言い張る。

佐野真一郎は「血の繋がりがなくても関係は変わらない」と言い張る。

黒川イザナは「孤独しか知らなければ耐えられた」と泣きながら吐露する。

家族がいるという幸せを認識してしまった今、その幸せを剥奪されることには耐えられないのである。

黒川イザナの最後

息も絶え絶えになりながら話し続けた黒川イザナに佐野万次郎はかける言葉を見失う。

花垣武道が黒川イザナと佐野万次郎の関係に気付く。

黒川イザナは、真一郎とも万次郎ともエマとも血が繋がっていない。

この事実は天竺幹部たちも知らない。

稀咲鉄太ですら驚きの表情を見せる。

黒川イザナが再び佐野万次郎に「自分を救うことができるのか」と問う。

黒川イザナは涙を浮かべ、救うことなどできないと自分で結論付けていた。

エマを呼ぶ黒川イザナ。

言葉が途切れた黒川イザナを心配する鶴蝶。

涙を流す鶴蝶の先にあるのは、血溜りの中で微動だにしない黒川イザナだった。

感想

黒川イザナの生い立ちが語られたとき、良く分からなくて何度か読み返しました。

黒川イザナの父親とフィリピンの母親が突然登場した人物で、父親だと思っていた佐野の父親と関係ないということのようです。

そのため、黒川イザナの母親(と思っていた人物)は黒川イザナに愛情はなかったようです。

そうすると疑問点が湧いてきまして、174話で語られた母親の涙はなんだったのかと思うのです。

愛情がないと結論付けるのはまだ早いのかもしれませんし、この後の展開を見守りたいですね。

まとめ

以上、「東京卍リベンジャーズ」【177話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「東京卍リベンジャーズ」【178話】ネタバレあらすじの掲載は10月14日の予定になります。

「東京卍リベンジャーズ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ 東京卍リベンジャーズ【最新話】ネタバレまとめ