【ワールドトリガー:207話】最新話ネタバレ!各隊長が考えたコンセプトとは何だったのか

2021年5月1日にジャンプSQ.に掲載された「ワールドトリガー」(葦原大介)の最新話【207話】のネタバレと感想をまとめました。

試験に先駆けてA級部隊には、今から今回の試験の成績順を予想することになりました。

各隊の相性や不安要素などを考え、それぞれ順位を決めていきます。

そして3日間の準備期間と隊長面接を挟んで、3月17日に遠征選抜試験が始まりました。

【ワールドトリガー】全話ネタバレ

▼ワールドトリガーの最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTでジャンプSQ.を無料で読む

【ワールドトリガー:207話】最新話ネタバレ

始まる試験

第一次試験の愛用に向かう三雲たち。

三雲は玉狛第二のメンバーに、試験ではバラバラだが全員で遠征に行こうと言う。

空閑・雨取・迅はうなずいた。

3人と別れた三雲は、試験の部隊メンバーと合流した。

美雲は試験で使われる施設を見て、ここで1週間過ごすんだと言う。

スタッフが集合時間だと伝えにくる。

事前に用意された服に着替えるように言われる。

トリガーや通信機器はロッカーに入れ、施設何に持ち込めるのは個人コンテナに入る分だけ。

試験用の服には種類があり、着替える機会も用意されている。

それぞれが着替え終わったところで、試験用のトリガーが配られた。

その後スタッフは三雲たちを、閉鎖環境施設の中へと案内する。

9時から第一試験が始まる。

施設の説明

施設内は非常灯しか点いておらず、かなり暗くなっていた。

電気のスイッチを探していると、三雲がかべに手形があることに気づく。

三雲が手をかざすと、施設内の電気が点いた。

アナウンスが流れ、選抜試験運営の沢村の声が聞こえてくる。

手形の上に表示されているゲージは、設備を動かすためのトリオンの残量を示していた。

ゲージが0になってしまうと、照明などの設備が使えなくなり水も補充されなくなる。

トリオンが0にならないように、随時パネルに手を当てチャージするように伝えられた。

続いてトリガーを起動させて、トリオン体に換装するように指示が出される。

試験中は毎日9時から12時間トリオン体で過ごし、ルールを守らなければ減点。

個人用デバイスもトリオンで動く。

試験の詳しい資料は、臨時部隊隊長のノートPCに入っている。

今後は隊長の指示に従い、各隊長は最初に選んだ臨時部隊のコンセプトを説明するように言われる。

そして始めの合図が告げられ、アナウンスは切れた。

それぞれのコンセプト

歌川は隊員たちに、シンプルで機動力があって長期戦に対応できることを考えたと話す。

そして歌川は、空閑と虎太郎に志岐は男性が苦手だと伝える。

何かあったらフォローしてほしいと言った歌川。

そして王子は走れて剣が使え、面白そうなメンバーがコンセプトだと説明。

トリオン消費が抑えやすい編成で、長時間戦闘にも向いていそうだ。

影浦は柿崎に、犬飼と相性が悪いと知っているだろと言う。

柿崎は知った上で、A級経験者を揃えたくて2人を選んでいた。

そして北添はクジの流れで選んでいたので、はっきりとしたコンセプトはなかった。

でも16歳で揃えた方が気を使わなくて済むと思った北添。

その結果、ポジションもバランスも良いメンバーが揃った。

来馬は引き締め役に弓場を選び、体力がある人を選んでいる。

古寺は戦闘試験のために、機動力の高いメンバーを選んでいた。

そして二宮は、くじ運が良く東と雨取を選んだ。

二宮は玉狛とは違うから、足を引っ張るなと雨取に言う。

水上はオペーレーターの今を中心に考え、頭の良いメンバーを揃えていた。

英査環境試験で他の部隊に差をつけて、給料ボーナスを狙いたい水上。

照屋は戦闘試験は自信がないのかと聞くと、水上はバトル以外の方が有利なはずだと答えた。

各部隊の動き出し

村上はくじを引いた時点で、ベストだと思った駒を選んでいた。

陣形などは考えておらず、何かあったら学習するためにも教えてほしいと伝えた村上。

若村も同じく、その時一番良い人を選んでいた。

そして諏訪はクジと勘で選んでいた。

香取は、勘で私を選ばないでと言う。

「クジの番号は操作されていたから、考えすぎても意味がなかった」と話す諏訪。

トリオンで特注されていたクジで、引いた人のトリオン体に反応するようになっていたはず。

その反応で、決まった数字が出るよに沢村が指定していただろうと…

諏訪は、まずは設備と物資の確認をしていく。

パソコンの確認よりも、衣食住の確保を優先した。

歌川・王子・小寺隊はデータのチェック、それ以外は各自手分けをして動いている。

若村隊は、まずはファイルの確認をしていく。

水上は独断で規定の文章を変更してから、隊員たちとの共有にファイルを送った。

面白いと言うA級隊員もいれば、呆れている者もいる。

どの部隊も滑り出しは順調のようだ。

「チームワークが試されるのはスコアに差がつき始めた頃だ」と迅は言ったのだった。

ワールドトリガーなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ワールドトリガー【207話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、ワールドトリガーのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ワールドトリガー】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらます!

感想

臨時隊長のコンセプトを見てみると、面白いなと思いました。

クジの結果で決めた部隊もあれば、しっかりと考えている部隊もあります。

それが試験にどう影響してくるのか楽しみです。

A級隊員たちは、どんな所に注目していくのでしょうか。

水上の行動についても、それぞれ意見が違います。

試験を受けているメンバーだけでなく、A級隊員にも注目していきたいなと思いました。

まとめ

以上、「ワールドトリガー」【207話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の「ワールドトリガー」【208話】ネタバレあらすじの掲載は6月1日の予定になります。

「ワールドトリガー」の最新話までのネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

ネタバレまとめ ワールドトリガー【最新話】ネタバレまとめ