ワールドトリガー【最新話】ネタバレまとめ

ネタバレまとめ

こちらでは漫画「ワールドトリガー」のネタバレ一覧をまとめています。

ワールドトリガーは毎月4日発売のジャンプSQに掲載されますので、発売後に「ワールドトリガー」の最新話ネタバレを更新しています。

ワールドトリガー【最新話】ネタバレ

U-NEXTで「ワールドトリガー」連載中のジャンプSQ.が無料で読めちゃいます!

▼ワールドトリガーの最新話を読むならジャンプSQ.で先読みがお得!▼U-NEXTでジャンプSQ.を無料で読む!

▼読みたい話数をクリック!
ワールドトリガーの各話ネタバレ
200・201話202話203話204話
205話206話207話

ワールドトリガーのネタバレ一覧

207話のネタバレ

第一次試験の愛用に向かう三雲たち。

三雲は玉狛第二のメンバーに、試験ではバラバラだが全員で遠征に行こうと言う。

空閑・雨取・迅はうなずいた。
ワールドトリガー【207話】のネタバレ

206話のネタバレ

一通りの説明を終えた忍田は、最後に2つの注意点を伝える。

1つ目は今回決まった臨時部隊のチームメイト同士は、試験開始まで接触は禁止。

試験までの間、事前に部隊で作戦を練ったり連絡をとることはできない。
ワールドトリガー【206話】のネタバレ

205話のネタバレ

最後のプールになり、くじで順番が決められる。

ここで1番を引き当てたのは、若村だった。

若村はまさかの1番手に、誰を選ぶのか悩んでしまう。
ワールドトリガー【205話】のネタバレ

204話のネタバレ

11人の”臨時隊長”が発表されていく。

1番隊の隊長には歌川、2番隊隊長は王子と次々に発表される。

そして11人の”臨時隊長”が発表された。
ワールドトリガー【204話】のネタバレ

203話のネタバレ

遠征選抜試験を控えている美雲たちは、束の間の日常を過ごしていた。

空閑はコツをつかみ、自転車を乗りこなせるようになっていた。

最初の頃に比べると、かなり上達したと三雲は感じる。
ワールドトリガー【203話】のネタバレ

202話のネタバレ

陽太郎はアリステラの王子だった。

そして陽太郎の姉・瑠花は王女で、母トリガーを動かしている。

ラタは「王女が新しい神になったということ?」と尋ねる。

ワールドトリガー【202話】のネタバレ

200・201話のネタバレ

迅にあって欲しい人がいると言われた三雲と空閑。

翌日の午後、玉狛支部に向かう。

誰と合わせようとしているのか考えながら、三雲たちは歩いていた。

ワールドトリガー【200・201話】のネタバレ

ワールドトリガーなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、ワールドトリガーのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>
u-next【ワールドトリガー】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらます!

合わせて他にも下記のVODサービスを活用すれば、コミックス3〜4冊を無料で読むことができます。

サービス名無料ポイント読める冊数
U-NEXT600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める
FOD最大900pt (※)
(900円分)
1〜2冊分が無料で読める
music.jp600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める

※FODは登録時100ポイント&8日、18日、28日に400ポイントずつ貰える

ワールドトリガーのあらすじ

物語の舞台は日本にある人口28万人ほどの架空都市「三門市(みかどし)」

ある日、異世界への「門(ゲート)」が開き、侵略者「近界民(ネイバー)」とよばれる怪物が現れる。

ネイバーによって人々はさらわれ、街は崩壊してしまう。

そんな時、界堺防衛機関「ボーダー」と呼ばれる一団が現れる。

ボーダーはこちら側の世界を守るためにネイバーと戦うための組織。

彼らはあっという間にネイバーに対する防衛体制を整え、「トリガー」を起動してネイバーと戦う。

それから4年後、ボーダーの訓練生・三雲修は、自身が通う高校で、謎の転校生・空閑遊真と出会う。

空閑遊真は、なんと父親の死をキッカケにこちら側の世界にきたネイバーだった。

そして、この三雲修と空閑遊真の運命の出会いから物語は始まる。

ワールドトリガーの見どころ

「ワールドトリガー」はジャンプSQ.で連載されているSFアクション漫画です。

ワールドトリガーは、三門市からネイバーを退ける防衛戦と味方同士で切磋琢磨しあうランク戦がストーリーの中心になっています。

個性豊かな隊員達が特定のチームを組んで、隊員同士で繰り広げる戦略性の高いバトルや、チームの垣根を越えてネイバーを撃退するために共闘する展開に思わず熱くなります。

物語の中での伏線の張り方やその伏線の見事な回収など、何度も読み直したくなる作品です。